#4 招かれざるもの 2014.9.28  
b0344060_23343724.jpg


ぼやっとした光景は「憂い」という言葉を
想像してしまう。でも不安や苦しさの中で
ボクに手を差し伸べてくれるやさしい声が
そこにはある。



(Leica M-E / Carl Zeiss Planar T* 2.0/50 ZM)



b0344060_23383848.jpg


暗い酒蔵の中でぐるぐる走る電車の光だけが
周りを照らす。その中で影が作品の一部にな
ったようにボクの幻影が見えた。


(Leica M-E / Carl Zeiss Planar T* 2.0/50 ZM)



b0344060_23404910.jpg


今日も音楽を聴きながらスナップ。変拍子が
頭の中でリズムを刻んでいる。

フレームとガラスを組み合わせた球体。ここ
でもボクが影に魅力を感じてしまう。

いろいろ会場を見て回ったけど、どこも趣向
を凝らしていて見ごたえのあるものだった。

1人でゆっくりと時間を気にせず回れること
もよかったのかもしれない。帰りの電車では
疲れて各駅停車で家まで18駅あるんだけど、
16駅まで目が覚めなかった。また夜寝むれ
なくなりますね。

九月もあと二日で終わり。ボクの今の気持
ちもこの月に置いていかないといけないな

来月はどんな景色をファインダー越しに見
ることができるだろう。



(RICOH GR)
[PR]
by 85-f14 | 2014-09-28 23:46 | Shiga | Comments(0)
<< #1 失くしたもの < 得たも... #3 招かれざるもの 2014... >>