#1 ボクが帰れるもう1つの場所 2014.10.25
b0344060_2244380.jpg


必ずと言っていいほど週に1度がここへ帰る
ボクの母方の祖父母の家だ。中学校ぐらいか
ら20代の後半までここでボクも生活をして
いた。高野山の帰りに甘いものを持って立ち
寄った。

2人とも持病もほどほどにあるけど自分のこ
とができる程度元気である。たまたまカメラ
を持っていたこともあり、嫌がる祖母越しに
シャッターを切った。家に帰って現像すると
なんだか切なくなってきた。

今のボクの抱える心の問題は2人には見せて
はいけない。そんなことを考えて見る写真の
中の祖父は「大丈夫」と言ってくれているみ
たいに思えた。


(Leica M (Typ 240) / Carl Zeiss C Sonnar T* 1.5/50 ZM)



b0344060_2314044.jpg


祖母は元気といっても最近まで骨折で入院して
いた。元来負けん気が強い性格なので1人でも
ベットサイドでリハビリをしているそうだ。

このベットを拠点として生活を送っている。
いつまでも元気でいてボクに悪態をついて
いてほしいと思う。


(Leica M (Typ 240) / Carl Zeiss C Sonnar T* 1.5/50 ZM)
[PR]
by 85-f14 | 2014-10-26 02:33 | Osaka | Comments(2)
Commented by くにやん at 2014-10-26 09:48 x
少し静養されたように見えますが気のせいでしょうか?!(笑)
おじいさんの写真、そこにご本人と撮影者の全ての感情が含まれているようにお見受けしました。
Commented by 85-f14 at 2014-10-26 23:36
> くにやん さん
あとで思うと自分の家族を撮ったことが今までなかったと
思います。祖父自身も恰好をつけることなくいつものそこ
にある日常をただ切り取っただけですね。 いつまでも元
気でいてもらいたいものです。 ありがとう。
<< #1 情動と耳の痛みのあまりに... #7 孤独と蜜月の相対性理論 ... >>