#1 川底にある砂利と救われた失くした足 2014.10.30
b0344060_2352557.jpg


これまでの「限界」という言葉を人生の中で
幾度となく使ってきたけど、今回感じた限界
は終わりがなく果てしないもののように思え
恐怖すら感じてしまい気持ちをおさえること
ができなくなってしまった。

沈みきったはずの川底で砂利を口に含んで、
まだ足らずにさらに穴を掘る。そんな感覚
が続いているみたいだった。

心の静寂を求め結果、結局生きることも死ぬ
こともできない自分がそこには存在した。

失くしたはずの足の痛みに耐えられず必死で
擦っているボクは残った足の存在すら忘れて
しまっていたのかもしれない。

この気持ちを戒めと共にボクの心に深く刻ん
でおこうと思い写真に想いを込めておくこと
にした。


(Leica M-E / Voigtlander NOKTON classic 40mm /F1.4 VM)



b0344060_06519.jpg


医療に関わる仕事をしていて今日初めて心療
内科に患者として初めて門を叩いた。

あまりの変わりように同僚たちがボクを半ば
強制的に車に乗せて連れて行かれた。

保健所に連れて行かれるような気持ちとそこ
までしてボクのことを気にかけてくれる仲間
の存在の有難さの入り混じる不思議な気分だ
った。「ボクは病気ではない。二度とこうい
うことはしないし、もう無いから」と自分に
言い聞かせながら、仲間にも訴えながら。

診察時に確定的診断を受けたらもう二度と、
立ち直ることができなくなるという思いが
あったが少しの薬を処方されて終わった。

帰って処方された薬を恐る恐る服用したら
不思議と楽になった気分だった。

でも一番の要因はそこまでして連れて行っ
てくれた仲間の存在だと信じてやまない。

薬が効いてきたのか、微睡みがボクをやさ
しく包みはじめている。


(Leica M-E / Voigtlander NOKTON classic 40mm /F1.4 VM)
[PR]
by 85-f14 | 2014-10-30 23:57 | Osaka | Comments(0)
<< #1 俯瞰的なボクに必要な眠る... #1 ボクの中の嘘とサヨナラの... >>