#1 俯瞰的なボクに必要な眠るということ 2014.10.31
b0344060_727963.jpg


直球ストライクもしくはデッドボールで果敢
に攻めてくる同僚がいる。ボクに病気だから
って、日常の何気ないことがあったように言
ってくれる。

そんな彼女が「今日も休んじゃえ」ってボク
を京都国立博物館の鳥獣戯画展に行こうと、
誘ってくれた。

雨の降りそうな午前中からたくさんの人。
並んで待っている人から期待感が伺えた。

ストレートにボクの心に届く言葉は心地
よく素直にさせてくれる呪文みたいだ。

(Leica M-E / Voigtlander NOKTON classic 40mm /F1.4 VM)



b0344060_73949100.jpg


美術館は大好きな場所だけど、そんなに長時
間滞在することは今までなかった。今日は気
が付いたら3時間近くいた。素直に物を見る
ようになれて作品と真摯に向き合えるように
なれたのかもしれない。




(Leica M-E / Voigtlander NOKTON classic 40mm /F1.4 VM)


b0344060_7432163.jpg


今まで1人で喫茶店に入ったことがないと
いうので美術館の前にあるカフェに入った

京都らしい町屋の雰囲気。ボクが写真を始
めた頃に来たことがある場所。不思議と今
日は感傷的な気持ちにはならなかった。

2人でいろいろな話をしたけど気が付いた
ら仕事の話をしていた。ボクらしいのか
らしくないのか?

今日で10月も終わることに気付いた。
この1か月も途方もなく長かった。

あの頃の写真へ向き合い方と今では
確かなものが違っている。



(Leica M-E / Voigtlander NOKTON classic 40mm /F1.4 VM)
[PR]
by 85-f14 | 2014-10-31 23:32 | Kyoto City | Comments(0)
<< #2 俯瞰的なボクに必要な眠る... #1 川底にある砂利と救われた... >>