#1 空虚との対話、点と線  2015.1.2
b0344060_21201917.jpg


風邪は幾分よくなり家で音のない生活を続け
るわけも行かず喧噪の少ない京都国立博物館
へ出掛けた。前回訪れた際、展示されていた
仏像に会いに行くため。

1人でゆっくりと時間をかけて眺めていると
難しいことを考えず、仏像とだけの空間がで
きた気がした。立って眺め、椅子に座って眺
めてと気の済むまで堪能した。



(Leica M (Typ 240) / SUPER ROKKOR 50mm F2.8 L mount)



b0344060_21295722.jpg


昨日からの大雪で一面白で覆われた。白色は
どこまでも白色で何にも染まっていない。

ボクは何色に染まっているだろう。深層心理
に働きかける出来事がこれからも何かの局面
で表面化しないことを願う。それはどんなも
のか、今はわからないけど・・。



(Leica M (Typ 240) / SUPER ROKKOR 50mm F2.8 L mount)




b0344060_21351612.jpg


考える人も今日ばかりは背中に雪が積もって
かなり寒そうで心配。震えながらシャッター
切っているボクはそう思うんだから。


久し振りにMを使ったらあらためてM9譲り
のM-Eの良さを感じた。完成度としてはMな
んだろうけどフィーリングはM-Eだと思う。


(Leica M (Typ 240) / SUPER ROKKOR 50mm F2.8 L mount)
[PR]
by 85-f14 | 2015-01-02 23:10 | Kyoto City | Comments(0)
<< #2 空虚との対話、点と線  ... #1 音もなく始まったボクの1... >>