#1 花やしきの白昼夢 2015.7.26
b0344060_2117533.jpg


朝の目覚めとしては悪くなかった。ボクの中
に存在するカレを上手くなだめすかせている
証拠なのだろう。修理を終えたライカを持っ
ていつもの喫茶店で朝食を終えて辺りを歩く
ことにした。

休日ともなればここから山に向かって登る人
に多く出会う。ボクは登山やハイキングの趣
味はないが自分と向き合うといく意味では写
真も同じことなんだろうと思えてくる。


(Leica M-E / Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical VM)



b0344060_21292475.jpg


青空が広がり朝から陽射しが強く降り注いで
いた。木々や草花も夏色を見せて力強く空を
向いているが赤外線を通すと木々の葉が白く
染まり俯瞰的に見ることのほうがお似合いな
ような気がした。

道端でおじさんが子どものような笑顔で釣竿
を軒先で手入れをしていた。なぜだろうか?
おじさんと花やしきという言葉が思い浮かん
できた。暑さで白昼夢を見たのだろうか?


(Leica M-E / Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical VM)



b0344060_2136136.jpg


今日も美術館には入らず周りを散策。展示物
より周辺の景色のほうがボクにとって価値の
あるものなのだ。



(Leica M-E / Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical VM)

[PR]
by 85-f14 | 2015-07-26 21:37 | Kyoto | Comments(0)
<< #2 花やしきの白昼夢 201... #5 祈りの矛先 2015.7.25 >>