カテゴリ:Hiroshima( 16 )
#5 乗車率の方程式 2015.5.5
b0344060_294993.jpg


尾道は旅行者の多い町。若者から少し年配の
人までさまざまだ。ひとり旅の人も多いと思
ったが意外にもほとんど出会わなかった。

ボクの旅の終着点はどこにあるのだろう。
自分自身ではそれを見つけることができない
からこそ旅にでるのかもしれない。


(α7 / Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical L mount)


b0344060_2151418.jpg


これだけ歩き回ったけどまたしばらくしたら
ここに来たくなるのだろう。今度は人の少な
い時期に訪れたいと思う。


(Leica M-E / Voigtlander COLOR SKOPAR P-typ35mmF2.5C)


b0344060_217393.jpg


帰りの新幹線も各駅停車なのでとても長く感
じられた。駅に停車するたびに少しずつ日常
に戻っていくと昔は感じたのだろうが今では
なにも感じない。どこにいても現実は変わり
なくとてつもなく長い。

それでもこれからも旅に出かけるだろう。



(α7 / Voigtlander COLOR SKOPAR P-typ35mmF2.5C)
[PR]
by 85-f14 | 2015-05-06 02:22 | Hiroshima | Comments(0)
#4 乗車率の方程式 2015.5.5
b0344060_212564.jpg


懐かしい場所はどこにでも存在する。それは
過去に訪れた場所に比例する。忘れかけてい
た場所も足を踏み入れた途端にあたまの引き
出しからつぎつぎと出てきてしまう。

それは昨日のことのように。


(Leica M-E / Voigtlander COLOR SKOPAR P-typ35mmF2.5C)


b0344060_252394.jpg


まるで時間が止まったままのような光景。
でも確実に時計の針は前へ進んでいる。


(α7 / Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical L mount)


b0344060_264266.jpg


わざと人と会わないような道を選んで歩い
ているようだ。そのほうが1人でいることを
意識しなくて済むからなんだろう。


(α7 / Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical L mount)
[PR]
by 85-f14 | 2015-05-06 02:09 | Hiroshima | Comments(0)
#3 乗車率の方程式 2015.5.5
b0344060_154847.jpg


相変わらずよく歩いている。1人だと思いのほか
距離が伸びるようだ。足の痛みとは違う痛みを
伴いそれを庇うようにまた歩くことを繰り返す。


(Leica M-E / Voigtlander COLOR SKOPAR P-typ35mmF2.5C)


b0344060_1574866.jpg


今日もたくさんの猫と出会った。坂と海の街には
犬ではなく猫が似合う。


(α7 / Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical L mount)


b0344060_159025.jpg


歩き回ると甘いものが欲しくなる。坂の下に広が
る海を眺めならしばしの休息。


(α7 / Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical L mount)
[PR]
by 85-f14 | 2015-05-06 02:00 | Hiroshima | Comments(0)
#2 乗車率の方程式 2015.5.5
b0344060_1471450.jpg


ますます物の考え方への柔軟性がなくなって
しまっているように感じる。ある方向へ向か
っているようにも思えるが向かいすぎるのも
いかがなものだろうか。


(α7 / Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical L mount)





b0344060_1521167.jpg


海も穏やかで波もない。2日前の海とは表情が
随分違う。


(α7 / Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical L mount)
[PR]
by 85-f14 | 2015-05-06 01:53 | Hiroshima | Comments(0)
#1 乗車率の方程式 2015.5.5
b0344060_136540.jpg


今日一日も尾道の路地を彷徨うことにした。
さすがに連休は朝から電車も混雑していた。
乗車率はおそらく通勤の時よりも多いはず。

路地に揺れる青いシャツが風に揺れて回り
の景色を違うものにしていた。


(α7 / Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical L mount)



b0344060_1412660.jpg


これだけ建物が隣接してひしめきあってい
ると光の明暗差が大きい。仄暗い場所があ
ることがこの光景を成り立たせている。


(Leica M-E / Voigtlander COLOR SKOPAR P-typ35mmF2.5C)


b0344060_1441910.jpg


尾道は本当に路地の多い場所だ。ガイド本
を片手に廻るのもいいが迷うことを積極的
にしてみたくなる。


(α7 / Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical L mount)
[PR]
by 85-f14 | 2015-05-06 01:45 | Hiroshima | Comments(0)
#6 This voice this day 2015.5.4
b0344060_22194633.jpg


今日という日はボクに何を与え何を削り取っ
ていったのだろうか。だらだらと長い坂を下
っていくような高揚感のない時間が過ぎて
いくような感覚だ。


(α7 / Voigtlander COLOR SKOPAR P-typ35mmF2.5C)


b0344060_22242968.jpg


山手にはあお寺や神社が多く存在した。
長い坂を上った先の神社の階段からは
町が一望できた。しばらく座っていたら
身体が冷えてしまった。


(α7 / Voigtlander COLOR SKOPAR P-typ35mmF2.5C)



b0344060_2233183.jpg


一度座ると疲労感が一気に噴出してくる
坂を下ってホテルまで帰るのが億劫にな
ってしまうほどだ。

今日の疲れと想いは明日に持ち越さない
ようにしようと思う。


(α7 / Voigtlander COLOR SKOPAR P-typ35mmF2.5C)
[PR]
by 85-f14 | 2015-05-04 23:51 | Hiroshima | Comments(0)
#5 This voice this day 2015.5.4
b0344060_22104684.jpg


宿泊先に戻って着替えをして三原の町を散策
した。知らない町を歩くことは新しい発見があり
とても興味深い。

夕刻迫る時間になり柔らかな光が振り注いで
いてボクもやさしい気持ちになった。


(α7 / Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical L mount)



b0344060_22153555.jpg


ここでもなんでもない光景を写真におさめてし
まう。ボクにとっては素晴らしいものなのだ。


(α7 / Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical L mount)


b0344060_22164767.jpg


ただ綺麗だと思えた光景。強い光が差し込み
凝視できないほどだった。


(α7 / Voigtlander NOKTON 50mm F1.5 Aspherical L mount)
[PR]
by 85-f14 | 2015-05-04 23:39 | Hiroshima | Comments(0)
#4 This voice this day 2015.5.4
b0344060_21522499.jpg


日本一短いフェリーで向島へ渡ることにした
郵便屋さんも船に一緒に乗り向こうで配達。

手紙を首を長くして待っている人がいること
だろう。必要とされることは素晴らしいこと。


(α7 / Voigtlander COLOR SKOPAR P-typ35mmF2.5C)


b0344060_21561832.jpg


昼から空が明るくなり青空が見え始めた。
島内を少し散策したが尾道とはまた少し
違った雰囲気だった。歩くことは楽しい。


(α7 / Voigtlander COLOR SKOPAR P-typ35mmF2.5C)


b0344060_21582185.jpg


明日の夕方まで時間があるので見たい
ところを残して尾道から三原へ戻った。

今日もほとんど話をせずに過ごしてしま
った。たまに話をするときも声を出してい
ないせいか上ずってしまうこともあり少し
恥ずかしいこともあった。


(Leica M-E / JUPITER 8 50mm F2 L mount )
[PR]
by 85-f14 | 2015-05-04 23:24 | Hiroshima | Comments(0)
#3 This voice this day 2015.5.4
b0344060_21441654.jpg


昔に犬を飼っていたのを思い出した。最初は
怖かったけど日を追うごとに家族になってい
くことがとてもうれしかった。幸せそうな顔を
して眠る姿をみて懐かしさがよみがえる。


(Leica M-E / JUPITER 8 50mm F2 L mount )


b0344060_21481581.jpg


尾道は坂と猫の町でもある。いたるところに
猫をモチーフにした絵や置物が置いてある。


(α7 / Voigtlander COLOR SKOPAR P-typ35mmF2.5C)


b0344060_2149362.jpg


こっちは本物の猫。写真を撮る間動かない
で居てくれた。そのやさしさに感謝。


(α7 / Voigtlander COLOR SKOPAR P-typ35mmF2.5C)
[PR]
by 85-f14 | 2015-05-04 23:15 | Hiroshima | Comments(0)
#2 This voice this day 2015.5.4
b0344060_21314826.jpg


千光寺の公園で優雅に昼寝を楽しむ猫は何を考え
何を想うのか。人と同じさまざまな気持ちをもっ
ているのだと思う。後ろから眺めると妙に距離
が近づくように感じる。


(α7 / Voigtlander COLOR SKOPAR P-typ35mmF2.5C)


b0344060_21364154.jpg


午前中は雨こそ降らなかったが空はどんよりと
曇っていた。前に訪れた時と何も変わっていな
いはずだがいつもの尾道とは何かが違っている
ようだった。


(α7 / Voigtlander COLOR SKOPAR P-typ35mmF2.5C)


b0344060_21383286.jpg


今まで通ったことのない道を選んで歩いて
みることにした。過去にはない新しい道は
ボクに新しい思い出を残してくれるはず。


(α7 / Voigtlander COLOR SKOPAR P-typ35mmF2.5C)

[PR]
by 85-f14 | 2015-05-04 23:06 | Hiroshima | Comments(0)