カテゴリ:Kyoto( 103 )
#2 移民の歌が聞こえない 2017.9.21
b0344060_1916840.jpg


何度読んだかわからなくなる程、開いてきた
「九月の四分の一」という小説。表紙は無残
にもボロボロになりテープで補修してある。

彼の書く本はどれも似たような状態になって
いる。読むほどに言葉の深さと表現の虜にな
り将棋の小説以外は全部目を通している。

目の前に広がる光と影とボクに纏う空気が、
また読みたくなる気持ちにさせてくれた。

それと旅行にも行きたくなった。



(α7 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)



b0344060_19322914.jpg





(α7 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)




b0344060_1932567.jpg





(α7 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)
[PR]
by 85-f14 | 2017-09-21 19:33 | Kyoto | Comments(2)
#1 移民の歌が聞こえる 2017.9.21
b0344060_18573580.jpg


そういえば夏の休暇を取っていない。

代わりに仕事の予定が入っていない今日、
急遽休みを取ったけど、最近の忙しさも
あってか行先も思いつかないので本を持
って結局いつもの喫茶店に逃げ込んだ。

写真を撮る意欲もどこかに忘れてしまっ
たのか、最近は持ち歩いていないことを
後悔し気持ちを取り戻すため持ち出す。



(α7 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)



b0344060_19135021.jpg





(α7 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)




b0344060_1914416.jpg




(α7 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)
[PR]
by 85-f14 | 2017-09-21 19:14 | Kyoto | Comments(0)
#3 破壊光線がみえた5時 2017.9.3
b0344060_19463342.jpg


人は目の前にある物を認識すると同時に脳内
で様々なものをイメージする生き物だ。

ボクはこれを何とイメージするのだろう。

そして写真を撮っているボクをみて、通りす
がりの人は何をイメージするのだろうか?


(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)



b0344060_1951299.jpg


ファインダーを覗くと激しい光線が目の前の
視界を一瞬奪ってしまう。今日は開放でフレ
アの出たぼやけた景色ばかりを撮っていた。



(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)



b0344060_19535914.jpg




(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)
[PR]
by 85-f14 | 2017-09-03 22:49 | Kyoto | Comments(0)
#2 破壊光線がみえた5時 2017.9.3
b0344060_19415268.jpg


開放で撮ると何とも言えないトーンを生み
出してくれる。飾り気がなく彩度と周辺光
量がストンと落ちる癖玉のロシアレンズ。

季節が夏から初秋へ向かう風が気持ちいい。


(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)



b0344060_1945303.jpg




(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)



b0344060_19454768.jpg




(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)
[PR]
by 85-f14 | 2017-09-03 22:38 | Kyoto | Comments(0)
#1 破壊光線がみえた5時 2017.9.3
b0344060_1932532.jpg


仕事の忙しさや疲れ、その他諸々の所用が
多くて最近は写真を忘れてしまっていた。

休日出勤の前にいつもの喫茶店に向かうが
残念ながら休み。仕事を終えて陽の落ちる
前にもう一度この駅に降りる。

短い間でも写真を撮らないと、だんだんと
カメラを持ち出すのが億劫になっていると
感じるが一度シャッターを切るとやっぱり
カメラと写真が愛おしく感じてしまう。



(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)




b0344060_19405385.jpg





(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)




b0344060_194135.jpg




(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)
[PR]
by 85-f14 | 2017-09-03 22:31 | Kyoto | Comments(0)
#2 黄金の鯉を抱く 2017.8.13
b0344060_18155677.jpg


一度はこの前を通り過ぎたが、気になって
もう一度戻ってスナップする。写真を撮っ
ているとそんな気持ちになることは意外と
多い気がする。そういう時は素直な気持ち
に従ったほうがいいような気がする。

この後、また昨日と同じ場所へ向かった。

今度は京都駅から河原町へ歩く。昼食も昨
日と同じ場所で摂る。決して過去を辿って
生きているわけではなく、出た結果が同じ
だけなのだ。


(α7 /Summicron-M f2/35mm 2nd)


b0344060_18192132.jpg


投棄してあった流し台に当たる光がとても
綺麗だった。やっぱり朝の光は美しい。



(α7 /Summicron-M f2/35mm 2nd)



b0344060_1821287.jpg



(α7 /Summicron-M f2/35mm 2nd)
[PR]
by 85-f14 | 2017-08-13 23:14 | Kyoto | Comments(0)
#1 黄金の鯉を抱く 2017.8.13
b0344060_17563794.jpg


暑さで目を覚ます。

いつもならリモコンに手をし、もう一度寝て
しまうのだが、今日で終わる休日を無駄にす
るのは罰当たりのような気がして、いつもの
喫茶店に向かう。

朝8時の光は十分すぎるほどの熱量を帯びて
ファインダーの中のあれがボクを刺激する。



(α7 /Summicron-M f2/35mm 2nd)



b0344060_18104047.jpg


駅周辺を歩く。いつもの見慣れた光景だ。
それでも季節や温度で感じる印象は違う。

大げさだがなにより、カメラや装着している
レンズでボク自身の気持ちが大きく変わる。



(α7 /Summicron-M f2/35mm 2nd)



b0344060_18145289.jpg




(α7 /Summicron-M f2/35mm 2nd)
[PR]
by 85-f14 | 2017-08-13 22:55 | Kyoto | Comments(0)
#2 祭りのあとは日曜日 2017.8.6
b0344060_22115444.jpg


嵐の前の静けさなのだろう。

風もなく蒸し暑さだけが辺りを覆っていた。
台風が接近しているとは思えない。明日は
代休を取ったが外に出れそうもなさそうだ。



(Leica M (Typ 240) / Summilux-M f1.4/35mm 2nd)



b0344060_2215378.jpg




(Leica M (Typ 240) / Summilux-M f1.4/35mm 2nd)




b0344060_22151375.jpg




(Leica M (Typ 240) / Summilux-M f1.4/35mm 2nd)
[PR]
by 85-f14 | 2017-08-06 22:15 | Kyoto | Comments(4)
#1 祭りのあとは日曜日 2017.8.6
b0344060_2133106.jpg


町の夏祭りが職場の恒例行事になっている。

祭りが終わった朝も決まって日曜日なので
毎年昼前まで寝て過ごしているが、今年は
地域の集まりに、これもまた仕事で眠い目
を擦りながら参加することになった。

暑さで気怠く、どこに行く気もなくなった
のでいつもの喫茶店で遅い昼食を食べ少し
だけスナップ。温度計の数値は36℃だ。



(Leica M (Typ 240) / Summilux-M f1.4/35mm 2nd)




b0344060_229671.jpg


ボクの好きな工場の建物は塗り替え工事中。
夏の暑さと高い雲が妙に似合っていた。



(Leica M (Typ 240) / Summilux-M f1.4/35mm 2nd)




b0344060_22105612.jpg




(Leica M (Typ 240) / Summilux-M f1.4/35mm 2nd)
[PR]
by 85-f14 | 2017-08-06 22:11 | Kyoto | Comments(0)
#3 午後の電車 2017.7.3
b0344060_16322.jpg


降りる駅を通り過ぎ、いつもの場所へ移動。

少し曇り空になってきたけど、蒸し暑さは
変わりない。夜も日に日に寝苦しくなって
きている。自分に甘えクーラーを一度付け
てしまうと後戻りはできなくなってしまう。



(Leica M (Typ 240) / Summilux-M f1.4/35mm 2nd)



b0344060_166631.jpg


うっかりしていたが喫茶店は月曜日休みだ。
目の前の楽しみを奪われたようで、とても
残念な気持ちになる。ホームのベンチに座
り流れてくる風を受け、しばらく涼む。

微睡んでしまいそうな気持ちよさだった。



(Leica M (Typ 240) / Summilux-M f1.4/35mm 2nd)




b0344060_1655068.jpg





(Leica M (Typ 240) / Summilux-M f1.4/35mm 2nd)
[PR]
by 85-f14 | 2017-07-03 23:02 | Kyoto | Comments(0)