カテゴリ:Kyoto( 98 )
#2 黄金の鯉を抱く 2017.8.13
b0344060_18155677.jpg


一度はこの前を通り過ぎたが、気になって
もう一度戻ってスナップする。写真を撮っ
ているとそんな気持ちになることは意外と
多い気がする。そういう時は素直な気持ち
に従ったほうがいいような気がする。

この後、また昨日と同じ場所へ向かった。

今度は京都駅から河原町へ歩く。昼食も昨
日と同じ場所で摂る。決して過去を辿って
生きているわけではなく、出た結果が同じ
だけなのだ。


(α7 /Summicron-M f2/35mm 2nd)


b0344060_18192132.jpg


投棄してあった流し台に当たる光がとても
綺麗だった。やっぱり朝の光は美しい。



(α7 /Summicron-M f2/35mm 2nd)



b0344060_1821287.jpg



(α7 /Summicron-M f2/35mm 2nd)
[PR]
by 85-f14 | 2017-08-13 23:14 | Kyoto | Comments(0)
#1 黄金の鯉を抱く 2017.8.13
b0344060_17563794.jpg


暑さで目を覚ます。

いつもならリモコンに手をし、もう一度寝て
しまうのだが、今日で終わる休日を無駄にす
るのは罰当たりのような気がして、いつもの
喫茶店に向かう。

朝8時の光は十分すぎるほどの熱量を帯びて
ファインダーの中のあれがボクを刺激する。



(α7 /Summicron-M f2/35mm 2nd)



b0344060_18104047.jpg


駅周辺を歩く。いつもの見慣れた光景だ。
それでも季節や温度で感じる印象は違う。

大げさだがなにより、カメラや装着している
レンズでボク自身の気持ちが大きく変わる。



(α7 /Summicron-M f2/35mm 2nd)



b0344060_18145289.jpg




(α7 /Summicron-M f2/35mm 2nd)
[PR]
by 85-f14 | 2017-08-13 22:55 | Kyoto | Comments(0)
#2 祭りのあとは日曜日 2017.8.6
b0344060_22115444.jpg


嵐の前の静けさなのだろう。

風もなく蒸し暑さだけが辺りを覆っていた。
台風が接近しているとは思えない。明日は
代休を取ったが外に出れそうもなさそうだ。



(Leica M (Typ 240) / Summilux-M f1.4/35mm 2nd)



b0344060_2215378.jpg




(Leica M (Typ 240) / Summilux-M f1.4/35mm 2nd)




b0344060_22151375.jpg




(Leica M (Typ 240) / Summilux-M f1.4/35mm 2nd)
[PR]
by 85-f14 | 2017-08-06 22:15 | Kyoto | Comments(4)
#1 祭りのあとは日曜日 2017.8.6
b0344060_2133106.jpg


町の夏祭りが職場の恒例行事になっている。

祭りが終わった朝も決まって日曜日なので
毎年昼前まで寝て過ごしているが、今年は
地域の集まりに、これもまた仕事で眠い目
を擦りながら参加することになった。

暑さで気怠く、どこに行く気もなくなった
のでいつもの喫茶店で遅い昼食を食べ少し
だけスナップ。温度計の数値は36℃だ。



(Leica M (Typ 240) / Summilux-M f1.4/35mm 2nd)




b0344060_229671.jpg


ボクの好きな工場の建物は塗り替え工事中。
夏の暑さと高い雲が妙に似合っていた。



(Leica M (Typ 240) / Summilux-M f1.4/35mm 2nd)




b0344060_22105612.jpg




(Leica M (Typ 240) / Summilux-M f1.4/35mm 2nd)
[PR]
by 85-f14 | 2017-08-06 22:11 | Kyoto | Comments(0)
#3 午後の電車 2017.7.3
b0344060_16322.jpg


降りる駅を通り過ぎ、いつもの場所へ移動。

少し曇り空になってきたけど、蒸し暑さは
変わりない。夜も日に日に寝苦しくなって
きている。自分に甘えクーラーを一度付け
てしまうと後戻りはできなくなってしまう。



(Leica M (Typ 240) / Summilux-M f1.4/35mm 2nd)



b0344060_166631.jpg


うっかりしていたが喫茶店は月曜日休みだ。
目の前の楽しみを奪われたようで、とても
残念な気持ちになる。ホームのベンチに座
り流れてくる風を受け、しばらく涼む。

微睡んでしまいそうな気持ちよさだった。



(Leica M (Typ 240) / Summilux-M f1.4/35mm 2nd)




b0344060_1655068.jpg





(Leica M (Typ 240) / Summilux-M f1.4/35mm 2nd)
[PR]
by 85-f14 | 2017-07-03 23:02 | Kyoto | Comments(0)
#4 ノンライツの評価基準 2017.6.18
b0344060_20175692.jpg


最近は車で出掛けると、その町のお店で食料
品を買って帰ることが多い。こだわっている
訳では決してなく、理由は単に面倒だから。

今日もスナップ終わりに、買い物をして大き
な袋を両手に駐車場へ向かう。


(Leica M9-P / Voigtlander NOKTON classic 35mm /F1.4 VM SC)



b0344060_20215180.jpg


この先は入ってはいけないと、くどいように
警告をしている。この先には、何があるのか
好奇心を駆り立てるがルールは守らないと。


(Leica M9-P / Voigtlander NOKTON classic 35mm /F1.4 VM SC)




b0344060_20234320.jpg


人がとても少ない午後の時間だった。
緩やかに流れる日曜日の午後は、この
ぐらいがちょうどいいと思う。

(Leica M9-P / Voigtlander NOKTON classic 35mm /F1.4 VM SC)

[PR]
by 85-f14 | 2017-06-18 23:18 | Kyoto | Comments(0)
#3 ノンライツの評価基準 2017.6.18
b0344060_20104885.jpg


昨日ほどは強い光ではないけど、蒸し暑さは
変わりない。喉も渇くが、今日はなぜかシュ
ークリームが食べたくなった。歩いている内
に忘れるかと思ったが、やはり食べたい。

店らしい店がなく、コンビニで買うが、ひと
くち食べると、あれだけ欲していた気持ちは
簡単に消え去っていく。不思議なものだ。


(Leica M9-P / Voigtlander NOKTON classic 35mm /F1.4 VM SC)



b0344060_20144181.jpg


どこの町にもある静かな光景。
やはりスナップはおもしろいな~


(Leica M9-P / Voigtlander NOKTON classic 35mm /F1.4 VM SC)



b0344060_20164611.jpg




(Leica M9-P / Voigtlander NOKTON classic 35mm /F1.4 VM SC)
[PR]
by 85-f14 | 2017-06-18 23:13 | Kyoto | Comments(0)
#2 ノンライツの評価基準 2017.6.18
b0344060_19565729.jpg


2日続けてデジタルを持ち出す。

M9のセンサーはMとは違い独特の青い発色
をするようで寂し気で好きだ。それと、もう
ひとつはシャッターチャージ音。ジィーと静
かに後を引く音がなんだか愛おしく思える。

8月でCCDセンサーの不具合の無料交換が
終了するそうだが、その後は有償でオーバー
ホールと同時に交換をしてくれるそうなので
長く使えると安堵している。


(Leica M9-P / Voigtlander NOKTON classic 35mm /F1.4 VM SC)




b0344060_2042580.jpg


今日はノンライツのNOKTONを装着し
てしてきた。何本か他社製のレンズも所
有しているが、最近はライカ以外を着け
る機会は少なくなってきている。

ライカにはライカとボクなり流儀があり
写りだけでなくスタイルも重視したい。

でも、写りもよく開放ではフレアを纏う
NOKTONも好きなレンズだ。



(Leica M9-P / Voigtlander NOKTON classic 35mm /F1.4 VM SC)



b0344060_208171.jpg




(Leica M9-P / Voigtlander NOKTON classic 35mm /F1.4 VM SC)

[PR]
by 85-f14 | 2017-06-18 23:05 | Kyoto | Comments(0)
#1 ノンライツの評価基準 2017.6.18
b0344060_19462550.jpg


対岸にある小さな町でスナップしようと思い
いつもの喫茶店で何気にカメラを触っている
とバッテリーの残量が無いことに気付く。

予備の電池を取りに帰ったが伸びて暑苦しく
なった自分の髪が気になり、そのまま散髪に
行き、また思い出したように川向にスナップ
に向かった。たかが電池されど電池、確認を
しっかりしないといけない。


(Leica M9-P / Voigtlander NOKTON classic 35mm /F1.4 VM SC)



b0344060_19544920.jpg


途中で見つけた好きな場所。

ボクの半径3キロ圏内にはまだまだ
知らない場所もたくさんあるようだ。



(Leica M9-P / Voigtlander NOKTON classic 35mm /F1.4 VM SC)



b0344060_19562199.jpg




(Leica M9-P / Voigtlander NOKTON classic 35mm /F1.4 VM SC)
[PR]
by 85-f14 | 2017-06-18 22:45 | Kyoto | Comments(0)
#2 鉄柵バランサー 2017.6.11
b0344060_18551481.jpg


ロシアレンズのジュピターはアルファに装着
することが多い。開放値が同じズマリットの
ようで彩度が抜け、白昼夢のような儚さを持
ち合わせたレンズだ。


(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)


b0344060_1933522.jpg


フェンス越しに見る光景はどこか傍観者的
視点であり、物事に適度な距離を取ること
で自分自身を防御しているボクの性格を表
しているようだ。


(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)



b0344060_197141.jpg




(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)
[PR]
by 85-f14 | 2017-06-11 23:47 | Kyoto | Comments(0)