カテゴリ:Osaka( 94 )
#1 22年前の大河 2017.4.2
b0344060_1575712.jpg


気が付くと3月が終わっていた。

毎年この時期はボクは心身の状態が安定しな
い。花粉症も影響しているのだろう。家にい
ても同じことなので昼から近所を歩く。

今日は気温が上がり桜が咲き始めていた。


(Leica M9-P / ELMARIT-M f2.8/28mm ASPH. 5th)



b0344060_15155877.jpg


国道沿いにあるぽっかりと開いた空間は検問
に使われる場所。歩いて通るのは初めてだが
ファインダーを通して覗くと異質に見える。


(Leica M9-P / ELMARIT-M f2.8/28mm ASPH. 5th)



b0344060_15203097.jpg





(Leica M9-P / ELMARIT-M f2.8/28mm ASPH. 5th)
[PR]
by 85-f14 | 2017-04-02 23:13 | Osaka | Comments(0)
#2 Digitality noise 2017.3.12
b0344060_16373149.jpg


陽射しは午後を少し回ったところだけど
トリウムを含んだズミクロンで撮る写真
は朱を纏った、切ない夕色に写る。


(α7 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)


b0344060_16441388.jpg


昔の写真を見直してみると、本当に撮る
ものが変わったと思う。風景をひとつ取
ってみても切り取ってしまうので、どこ
を撮った写真かがわからない。

これが行き着いた結果なのだろう。


(α7 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)




b0344060_16435240.jpg




(α7 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)
[PR]
by 85-f14 | 2017-03-12 22:41 | Osaka | Comments(0)
#1 Digitality noise 2017.3.12
b0344060_16221957.jpg


最近はフィルムばかりだったので、
α7を久しぶりに持ち出した。

とても楽に撮れるがなんだか物足りない。
視覚的にボケを確認できるのも善し悪し
だと思う。レンジファインダーではこう
簡単にははいかない。

便利ということは変わりないが、余計な
ものが多く撮影スタイルをスポイルされ
ているように感じる。



(α7 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)



b0344060_16325880.jpg


今日は暖かい。日差しが春へと変化して
いるのが身体で感じることができる。

花粉症さえなければうれしいのだけど。


(α7 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)



b0344060_16345979.jpg




(α7 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)
[PR]
by 85-f14 | 2017-03-12 22:20 | Osaka | Comments(0)
#2 モンゴリアンブルーは見えたか 2017.2.19
b0344060_21174856.jpg


ズミクロンの40mmは横撮りにはぴったり
のレンズだ。広すぎず、狭すぎず見た目通り
に町を映し出す。小さな銅鏡もミラーレスに
は相性が良くマウントアダプターの厚みも気
にならず、ルックスもセクシーだ。

(α7 /Summicron C 40mm/f2.0)



b0344060_21213396.jpg




(α7 /Summicron C 40mm/f2.0)
[PR]
by 85-f14 | 2017-02-19 21:22 | Osaka | Comments(0)
#1 モンゴリアンブルーは見えたか 2017.2.19
b0344060_2191689.jpg


昨晩はとてもよく眠れた。
そんな朝は遅く始まる。

昨日、連絡をもらった保険の見直しに隣駅へ
やってきた。人生設計をしないないようで少
しはしているつもりだ。40を過ぎて1人に
なると残り少なくなった時間が愛おしく思う
ことも多くなる。写真だけは嘘をつかない。



(α7 /Summicron C 40mm/f2.0)



b0344060_21142182.jpg


昨日と打って変わり日差しが強く差し込んで
水色の淡い青空が顔を覗かせていた。通り抜
ける風が春を思わせる匂いがする。



(α7 /Summicron C 40mm/f2.0)



b0344060_21155015.jpg




(α7 /Summicron C 40mm/f2.0)
[PR]
by 85-f14 | 2017-02-19 21:17 | Osaka | Comments(0)
#1 願い事は3つだけ 2017.1.1
b0344060_2002331.jpg


2017年になった。元旦の夕方の時間は静か
に流れていく。もう、何年も初詣には出掛け
ていないが、それが当たり前になっている。

祖母宅へ出掛けて昔よく歩いた淀川の堤防は
寒さが心地よい。始まった365日を歩き出す。


(Leica M-D (Typ 262) / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible)



b0344060_20103788.jpg




(Leica M-D (Typ 262) / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible)
[PR]
by 85-f14 | 2017-01-01 20:11 | Osaka | Comments(0)
#3 西日の値段 2016.12.10
b0344060_2353873.jpg


時間の経過と共に寒さが増してくる。

季節を感じることは日常から距離を置くこと
で心に深く刻むことができるのかもしれない。


(Leica M (Typ 240) / Elmar L 5cm F3.5)


b0344060_23574149.jpg


静かな町だが今日はアコースティックギター
の音色と歌声が風に乗り聞こえてくる。

やさしい歌声と乾いたギターが心地よい。


(Leica M (Typ 240) / Elmar L 5cm F3.5)


b0344060_002177.jpg


帰りは途中で夕食を摂り高速に乗り自宅へ
向かう。早い分だけ情緒がないような気が
する。時間を掛けた分だけ、そこに価値を
見出すからなのだろう。




(Leica M (Typ 240) / Elmar L 5cm F3.5)
[PR]
by 85-f14 | 2016-12-11 00:03 | Osaka | Comments(0)
#2 西日の値段 2016.12.10
b0344060_23445181.jpg


昼から出掛けるのは少し遠いが冷えた身体で
歩き廻るには贅沢な場所かもしれない。片道
2時間の夕暮れの値段は適正価格だろう。


(Leica M (Typ 240) / Elmar L 5cm F3.5)


b0344060_23495596.jpg


前回入った喫茶店へ向かう。

マスターは今日もボクが持っていたカメラと
レンズの話をする。内容も前と一緒だ。余程
好きなのだろう。珈琲で冷えた身体を温める。


(Leica M (Typ 240) / Elmar L 5cm F3.5)



b0344060_23521432.jpg



(Leica M (Typ 240) / Elmar L 5cm F3.5)
[PR]
by 85-f14 | 2016-12-10 23:52 | Osaka | Comments(0)
#1 西日の値段 2016.12.10
b0344060_2331735.jpg


宅配便を待って午後から家を出て無性に行き
たくなった場所へ向かう。高速に乗れば早く
着くことはわかっているが、陽の沈む前に着
けばいいから下道で車を走らせていく。

1月に訪れた時はモノクロで撮影した富田林。
今日は夕暮れ近くの町を同じ構図、タイトル
で切り取る。冷たい風にボクは熱を帯びる。


(Leica M (Typ 240) / Elmar L 5cm F3.5)



b0344060_23384112.jpg


ここは寺内町が有名で江戸から続く寺院や町
屋を撮るのがデフォルトだが少し寂れた町も
悪くない。夕日が大きな影を落とす。


(Leica M (Typ 240) / Elmar L 5cm F3.5)



b0344060_23423619.jpg


エルマーは思っていたほどソフトな写りでは
なく開放でもシャープな印象だ。


(Leica M (Typ 240) / Elmar L 5cm F3.5)
[PR]
by 85-f14 | 2016-12-10 23:44 | Osaka | Comments(0)
#2 車葬のジャニス 2016.9.28
b0344060_19553570.jpg


休日最終日はこの日のためにとっておいた
本を開く。アジアンタムの憂鬱、幾度も繰
返し開いている。新しいのもいいが気に入
ったものはやはり離せないのだ。


(GR II)



b0344060_2013228.jpg


湿度が高く蒸し暑い。いつもの喫茶店でも
行こうと向かうが駐車場が埋まっていた。


(GR II)



b0344060_2033344.jpg



明日も雨の予報。いつまで降るのだろう。



(GR II)
[PR]
by 85-f14 | 2016-09-28 21:58 | Osaka | Comments(0)