カテゴリ:Osaka( 94 )
#1 車葬のジャニス 2016.9.28
b0344060_19473273.jpg


9月はこれほどまで雨の多い季節なのか。

遠くで響く雷鳴が瞬く間に近づいてきて
雨が路面から空に向かっていくように激
しく打ち付けるようになった。


いつもは騒々しく通り過ぎる新幹線の音
も雷の砲声に掻き消されていく。


(GR II)



b0344060_19524321.jpg


悪天候だからこそスナップしたくなる。
晴れた日より心はむしろ落ち着くのだ。


(GR II)
[PR]
by 85-f14 | 2016-09-28 21:47 | Osaka | Comments(0)
#2 ヌートピアの隣人 2016.8.28
b0344060_20463817.jpg


帰りに久しぶりに実家に立ち寄り昼食を共に
した。普段は手の込んだものを食べることが
ないので有り難いと感じる。

いつの間にか空には晴れ間が戻り光が差して
くる。夕方に向かう時間に電車で隣り駅の書
店に出掛けた。本の並ぶ場所は楽園なのだ。


(GR II)


b0344060_2052880.jpg



(GR II)


b0344060_20522433.jpg



(GR II)
[PR]
by 85-f14 | 2016-08-28 20:52 | Osaka | Comments(0)
#2 活字の亡者 2016.6.15
b0344060_191475.jpg


気温が上がり草の匂いが鼻孔をくすぐる。
これは匂いではなく夏味と呼んでもいいの
かもしれない。


(Leica M (Typ 240) / MapCamera × MS-Optics REIROAL M35mm F1.4 MC (玲瓏)


b0344060_1971777.jpg


枚方に来ると立ち寄る場所。
自然の風が網戸越しに入ってきて心地よい。



(Leica M (Typ 240) / MapCamera × MS-Optics REIROAL M35mm F1.4 MC (玲瓏)


b0344060_1985333.jpg



(Leica M (Typ 240) / MapCamera × MS-Optics REIROAL M35mm F1.4 MC (玲瓏)
[PR]
by 85-f14 | 2016-06-15 21:52 | Osaka | Comments(0)
#1 活字の亡者 2016.6.15
b0344060_1847028.jpg


車の修理のため代車を借りる。普段はディー
ゼル車なので同じ車種でも違和感があり落ち
つかない。平日に休むことはあまりないので
おそらく空いているだろうと枚方に最近オー
プンしたT-SITEに出掛けた。


多くの書籍が棚一杯に並び活字中毒のボクに
とっては黄金郷のような場所だ。大阪まで出
なくても車で少し走れば行ける場所なのも非
常にありがたい。本と写真、ボクには切り離
せない関係なのだ。


(Leica M (Typ 240) / MapCamera × MS-Optics REIROAL M35mm F1.4 MC (玲瓏)


b0344060_18574544.jpg


東海道56番目の宿場町でもある枚方は街道か
ら一本入った路地でも趣がある。


(Leica M (Typ 240) / MapCamera × MS-Optics REIROAL M35mm F1.4 MC (玲瓏)



b0344060_1901234.jpg


今日はとても蒸し暑い。湿気が纏わりつき夏
がそこまで来ているのを身体で感じる。


(Leica M (Typ 240) / MapCamera × MS-Optics REIROAL M35mm F1.4 MC (玲瓏)
[PR]
by 85-f14 | 2016-06-15 21:36 | Osaka | Comments(0)
#2 珈琲一杯の距離 2016.5.8
b0344060_2092439.jpg


ボクの家の前は学習塾になっている。

いつもは子どもの声が開いた窓から聞こえる
のだけど休みの日は静かすぎるぐらいに静ま
りかえっている。そういえば天気予報でいっ
ていたが明日は雨模様だそうだ。


(GR II)


b0344060_2013517.jpg


今日は母の日だ。若い頃は気にも留めていな
かったがこの歳になるとそうもいかない。

カーネーションを想像するものだがなぜだか
バラを見るとそう連想する。その想像力に変
化はない。去年もそうだったから。

b0344060_20124852.jpg



(GR II)
[PR]
by 85-f14 | 2016-05-08 20:18 | Osaka | Comments(0)
#1 珈琲一杯の距離 2016.5.8
b0344060_2003828.jpg


珈琲を飲みに一駅向こうの喫茶店に久しぶり
に出かけた。

午後を過ぎていたがいつも座る席は空いてい
て読みかけの本をゆっくり開くことができた。

帰りは電車に乗らず珈琲一杯分の距離をスナ
ップしながら歩く。

被写体によってはピントに迷いを生じる。
これもいいのかもしれない。



(GR II)


b0344060_2063056.jpg


線路沿いに伸びる道には特別な電車が通るの
だろう。たくさんの人が柵越しに待っていた。


(GR II)


b0344060_2082511.jpg




(GR II)
[PR]
by 85-f14 | 2016-05-08 20:08 | Osaka | Comments(0)
#3 幼稚園バスの苦味 2016.5.3
b0344060_189385.jpg


小さな頃、京阪沿線に住んでいたことがある。
近くまで来たので駐車場へ車を預けて歩く。

さすがに35年ぶりに訪れると辺りは様変わり
してボクの頭に記憶されている場所は容易に
見つからない。

そんな中見つけた煙突が遠い昔にみた姿と重
なり記憶が引き出された。

銭湯前の道で幼稚園を待つボクはいつも行く
のを嫌がりバスの手すりを持ち泣きながら抵
抗する。毎日その繰り返しをつづけた。

幼稚園バス=苦い思い出なのだ。


(GR II)


b0344060_18172843.jpg


ボクたち家族が住んでいた社宅はもう使用さ
れていなかった。奥には見たことのないマン
ションが高くそびえていた。


(GR II)


b0344060_18194836.jpg


小学校もなんとなく記憶がある場所だ。
よく忘れ物をして幼稚園の妹がもって
来てくれていたそんな記憶。


(GR II)
[PR]
by 85-f14 | 2016-05-03 23:08 | Osaka | Comments(0)
#2 幼稚園バスの苦味 2016.5.3
b0344060_1834897.jpg


風の強い日だった。雨は予報通りまだ降って
いなかったが分厚い雲に覆われている。

(GR II)



b0344060_186816.jpg



店にはさまざまな匂いがあり前を通り掛かる
と感じることができる。



(GR II)


b0344060_1882790.jpg



(GR II)
[PR]
by 85-f14 | 2016-05-03 22:52 | Osaka | Comments(0)
#1 幼稚園バスの苦味 2016.5.3
b0344060_17511396.jpg


帰りに萱島を通りがかり古き良き時代の
市場があるのを思い出し立ち寄った。

寂しげな商店街を無国籍な万国旗が風に
揺らめくことなく飾っていた。

(GR II)



b0344060_18113100.jpg


少し町を歩くが昭和の雰囲気を色濃く残して
いる町だった。


(GR II)



b0344060_1823751.jpg




(GR II)
[PR]
by 85-f14 | 2016-05-03 22:39 | Osaka | Comments(0)
#1 言葉の羅列は役には立たない 2016.5.1
b0344060_22524739.jpg


4月の疲れを引きずったまま5月になった。

雑草が生えているのが気になるらしく祖母は
しきりにそのことを言っている。

川に面した人が本来通るべきではない場所で
の草抜きは嫌な汗が出てくる。川に落ちない
か心配しながらの作業なのだ。

家に帰り本屋にでも行こうと思ったが結局億
劫になった。流れてくるギタリストの奏でる
ハーモニクスの叫音が妙に気怠い。


(GR II)



b0344060_23121025.jpg




(GR II)
[PR]
by 85-f14 | 2016-05-01 23:12 | Osaka | Comments(0)