カテゴリ:Osaka( 80 )
#1 心象の天気図 2016.3.2
b0344060_2036178.jpg


代休を取得したがこれと言ってすることが
なく昼前までのろのろと過ごしていつもと
は逆方向の駅に向かった。

そんな休日の鞄には決まってカメラと読み
かけの文庫本、ipadと老眼鏡が入っている。

遠方に出向かなくても、どこの街にも琴線
にふれる場所は存在している。



(Leica M9-P / Carl Zeiss Distagon T* 35mm F1.4 ZM)



b0344060_20495164.jpg


平日の商店街は日常的感覚が垣間見え実に
フォトジェニックな場所だ。



(Leica M9-P / Carl Zeiss Distagon T* 35mm F1.4 ZM)


b0344060_2053253.jpg


雲の隙間から光が差す時もあるが風が
冷たく身体を通り抜ける気温は低い。

ライカにしてからは一眼レフの時とは
違いボクの中からテクニカルな部分が
消失したように思える。


(Leica M9-P / Carl Zeiss Distagon T* 35mm F1.4 ZM)
[PR]
by 85-f14 | 2016-03-02 20:59 | Osaka | Comments(0)
#3 1.5マイルの価値 2016.2.12
b0344060_21531314.jpg


急に変電所を見に行きたくなった。

この場所も幸いにして家の近くにある。この
道を久しく通っていなかったことにこの場所
に立って気付いた。午後から気温が上がり生
暖かい風と曇った鉛色の空が似合う場所だ。


(α7 /ELMARIT-M f2.8/28mm ASPH. 5th)



b0344060_21593270.jpg




(α7 /ELMARIT-M f2.8/28mm ASPH. 5th)


b0344060_220119.jpg


夕方からの会議には出席しなければならない。
中途半端に時間が余り大型店舗の屋外駐車場
でしばらく微睡んで過ごした。あと20分は目
を閉じていられる。



(α7 /ELMARIT-M f2.8/28mm ASPH. 5th)
[PR]
by 85-f14 | 2016-02-12 22:02 | Osaka | Comments(0)
#6 午後の居場所 2016.1.31
b0344060_23484183.jpg


午後からだけど随分と走り回った。一日何を
していたのかわからない。詰めたフィルムを
消化しに来たみたいなものだった。ただ夕方
の空気は少しだけ気持ちを和らげてくれた。


(Leica M-E / Carl Zeiss Distagon T* 35mm F1.4 ZM)


b0344060_23515652.jpg


参拝客は神社より参道のお店がお目当てな様子。
立ち並ぶ店で足を止めてはあれこれ選んでいる。



(Leica M6 / MS-Optical CONTAX Planar T*35mm F2G M)


b0344060_23535321.jpg


帰りの道路沿いにカメラ店があったので現像に
出した。かなりの待ち時間があるのでいつもな
ら迷わず喫茶店だけど今日は駐車場で車を拭い
て過ごした。目的もなくあちこち引きずり廻し
たことのせめてものお詫びのつもりだ。

物には命が宿り大切にすればきっと自分を守っ
てくれると昔誰かが教えてくれたのを思い出す。


(Leica M6 / MS-Optical CONTAX Planar T*35mm F2G M)
[PR]
by 85-f14 | 2016-01-31 23:57 | Osaka | Comments(2)
#5 午後の居場所 2016.1.31
b0344060_234014.jpg


帰り道にまた迷いが生じて真っすぐに家に向
かわず違う方角へと進む。石切神社の看板が
あったので駐車場に車を入れてフィルムを消
化することにした。

参道には開運カレンダーや運勢暦がたくさん
並ぶ。今日の運勢はおそらく迷運だろう。

今年は良い年であればと願う。


(Leica M6 / MS-Optical CONTAX Planar T*35mm F2G M)


b0344060_23444123.jpg


南港でパンをひとつ食べただけだけど珍しく
空腹を感じない。いつもなら迷わず入ると思
うのだけど撮るだけなのだ。


(Leica M6 / MS-Optical CONTAX Planar T*35mm F2G M)


b0344060_23461951.jpg


年が明けてから日が長くなったようで17時
を過ぎようというのにまだまだ明るい。


(Leica M6 / MS-Optical CONTAX Planar T*35mm F2G M)
[PR]
by 85-f14 | 2016-01-31 23:47 | Osaka | Comments(0)
#2 午後の居場所 2016.1.31
b0344060_2352693.jpg


堺市には取り残されたような商店街や路地が
多くみられる。湿気を帯びたこの場所は深海
に横たわっているような静けさを纏っていた。


(Leica M6 / MS-Optical CONTAX Planar T*35mm F2G M)



b0344060_2395920.jpg


商店街の間に阪堺電車の線路が通っている。

踏切の音と電車のゴトゴトという振動が反響
して懐かしい記憶が甦ってくるようだ。


(Leica M-E / Carl Zeiss Distagon T* 35mm F1.4 ZM)



b0344060_23134647.jpg


フィルムカメラのM6とF3は月1回ずつぐらい
使用している。どちらが良くてどちらが悪いと
いうわけではなく万遍なく使ってあげたいと思
っている。留守番ばかりでは可哀想だからね。


(Leica M6 / MS-Optical CONTAX Planar T*35mm F2G M)
[PR]
by 85-f14 | 2016-01-31 23:18 | Osaka | Comments(0)
#1 午後の居場所 2016.1.31
b0344060_22543568.jpg


最近は午後から出掛けることが多くなった。

午前中に目覚めても迷いが生じるのかすぐに
家を出ることができないようだ。今日もどこ
にいくわけでもなく車を走らせた。気が付い
たら高速に乗り適当に降りてしまう。でも下
町の匂いがする場所へ自然に足が向いている。

天気が良く春のような気候の一日だった。


(Leica M6 / MS-Optical CONTAX Planar T*35mm F2G M)



b0344060_2321566.jpg


車で来ても歩かないと意味がない。これがい
つもと同じスタイルだ。


(Leica M-E / Carl Zeiss Distagon T* 35mm F1.4 ZM)



b0344060_2315516.jpg


歩いて大和川を渡る。川から吹く風が温かい。
鉄橋を渡る電車の音が風に乗ってやってくる。



(Leica M6 / MS-Optical CONTAX Planar T*35mm F2G M)
[PR]
by 85-f14 | 2016-01-31 23:04 | Osaka | Comments(0)
#3 二十歳の写心 2016.1.10
b0344060_1834544.jpg


散歩の途中で出会った光景。鞄の中にカメラ
を仕舞っていたので撮らなかったが帰りには
もう一度立ち寄ろうと思っていた。よそ様の
家を撮るのもどうかとは思うが心でゴメンナ
サイと思いながら1枚撮らせてもらった。


(Leica M-E / Summilux-M f1.4/50mm 2nd)


b0344060_1838747.jpg


今渡ってきた踏切の音がすぐ横で聞こえてく
る。この小さな川を渡ってもうすぐここを通
過していく。

鉄道好きというわけではないがこうして眺め
ている時間の経過が好きなのだろう。


(Leica M-E / Summilux-M f1.4/50mm 2nd)


b0344060_18444433.jpg


ここで缶コーヒーを飲んで休憩するのも好き
でよく昔は訪れた。風もなく座っていても心
地いい。変わっているようでそう変わりのな
い日常は今日も過ぎていく。


(Leica M-E / Summilux-M f1.4/50mm 2nd)
[PR]
by 85-f14 | 2016-01-11 22:35 | Osaka | Comments(0)
#1 二十歳の写心 2016.1.10
b0344060_186309.jpg


休日の度に出かけては歩き回ってはいるが
近所を散歩することは意外と少ない。いつ
もの喫茶店に行くついでに今日は歩くこと
にした。車や電車では感じられない感覚が
蘇る。そう中学生のあの頃の記憶に。


(Leica M-E / Summilux-M f1.4/50mm 2nd)



b0344060_18154146.jpg


今日は成人の日。午前中に式を終えて親と
共に神社へお参りに来たのだろう。

二十年以上前の雨の成人式を思い出した。
あの頃思い描いていた人生を歩んでいると
は言い難いが紆余曲折を経てこうしてファ
インダーを覗いている自分に不思議な感情
が沸き上がる。


(Leica M-E / Summilux-M f1.4/50mm 2nd)


b0344060_18202878.jpg


おじさんが自転車を止めて煙草に火をつけ
て実に旨そうに吸っていた。こんな光景は
どこにでもあるわけで他愛もない日常とし
て流され繰り返されるのだ。



(Leica M-E / Summilux-M f1.4/50mm 2nd)
[PR]
by 85-f14 | 2016-01-11 22:05 | Osaka | Comments(0)
#6 キミに捧げる泡沫ストーリー 2016.1.10
b0344060_23512730.jpg


帰りに寄り道をして近つ飛鳥博物館に立ち寄
った。大好きな安藤忠雄が設計した代表作で
もある。無機質なその佇まいは冬空と同化し
ているようだった。


(α7 /Summitar L 5cm F2)


b0344060_23551758.jpg


館内に続くシンメトリーの壁は歩くたびに足
音が反響してボクを追いかける。



(α7 /Summitar L 5cm F2)


b0344060_2357493.jpg


帰り道は家路を急ぐ車で混雑して渋滞気味。
車中から光を見つけて信号待ちでシャッター
を切る。朝ゆっくりとして家を出てもそれな
りに遠くに行ける。1人で気ままにできるこ
とが大きいのかもしれない。

現在と過去は似て非なるものなのだろう。
止まることも進むこともないボクの物語だ。


(α7 /Summitar L 5cm F2)
[PR]
by 85-f14 | 2016-01-11 00:03 | Osaka | Comments(0)
#5 キミに捧げる泡沫ストーリー 2016.1.10
b0344060_2343469.jpg


珈琲を持って河川敷を歩いた。風は冷たくて
底冷えするが着こんでいるので身体は温かい。

大きな木が葉を失くして寂しく佇んでいて辺
りに漂う空気感に華を添えていた。


(α7 /Summitar L 5cm F2)


b0344060_23474073.jpg


1日で撮る写真の枚数が格段に減ったが今日
はかなりの枚数を写真におさめた。写欲がも
どってきているのだろうか。


(α7 /Summitar L 5cm F2)


b0344060_23491092.jpg


サッカーをしているのをしばらく眺めていた。
意外と見ていて飽きない。どちらかを応援す
るのではないので客観的に見れるのだろうか。


(α7 /Summitar L 5cm F2)
[PR]
by 85-f14 | 2016-01-10 23:50 | Osaka | Comments(0)