カテゴリ:Osaka( 85 )
#3 曇り空とロシアへ続く苦悩  2015.2.01
b0344060_23145822.jpg


時計を持たずに過ごす休日が多くなった。
それだけ時間の概念に縛られることがなく
なったのかもしれない。1人での生活では
自分で使える時間が多く持て余し気味なの
でちょうどいい。


(Leica M (Typ 240) / JUPITER 8 50mm F2 L mount )




b0344060_2318525.jpg


ひっそり遠慮気味に置かれた黄色の木箱。
ビビットな色が寂しさを助長させていく。


(Leica M (Typ 240) / JUPITER 8 50mm F2 L mount )



b0344060_2320115.jpg


久し振りに75mmレンズをα7に付けて
持ち出した。標準レンズとは違う距離感だ
けどやっぱりボクは好きな焦点距離なのだ
とあらためて思えた日だった。


(α7 / Voigtlander HELIAR classic 75mm F1.8 VM)
[PR]
by 85-f14 | 2015-02-01 23:22 | Osaka | Comments(2)
#1 曇り空とロシアへ続く苦悩  2015.2.01
b0344060_22472310.jpg


先日亡くなった祖父の二七日をおこなった。
洗濯ものを済ませてから午前中の間にいつも
の場所にカメラを持って出かけてきた。

鉛色の空に時折強く差し込む光はボクの持っ
ているロシアンレンズの儚げな写りと同化し
ていく。祖父のいる遠い空にも続いているの
だろうか。

(Leica M (Typ 240) / JUPITER 8 50mm F2 L mount )



b0344060_22585977.jpg


急に晴れてまた曇ていき雪が舞う。冬の空は
気紛れだ。ファインダーに映るいつもの光景

幾度となく見た風景だけど少し時間があると
訪れてしまう不思議な場所だ。


(α7 / Voigtlander HELIAR classic 75mm F1.8 VM)
[PR]
by 85-f14 | 2015-02-01 23:03 | Osaka | Comments(0)
#1 大切なひと  2015.1.21
b0344060_2231735.jpg


奇しくもボクの誕生日の1日前に祖父が他界
した。病院知らずで入院するその日の朝まで
大好きな煙草をボクと吸っていた。

せめてもの救いは入院期間が短く苦しい思い
をせず穏やかだったことだ。旅立つ前にボク
を待っていてくれたことも彼らしかった。


94歳の生涯お疲れさまでした。
告別式を終えてもまだボクにはいつもの定位
置で煙草を燻らせているように思えてしかた
がない。一緒に過ごした時間がそう思わせる。

10月に撮った写真が最後の写真となった。
もちろん遺影にするつもりで撮ったわけでは
ないけど今はよかったと思っている。今まで
ありがとう。祖母のことは何も心配いらない
からゆっくり休んでほしいと思う。


(Leica M (Typ 240) / Carl Zeiss C Sonnar T* 1.5/50 ZM)
[PR]
by 85-f14 | 2015-01-21 23:57 | Osaka | Comments(0)
#1 リズムの悪さと身体の痛み  2015.1.12
b0344060_22123643.jpg


昨日はなんだかベットで眠るのが嫌だったの
で床で寝てしまった。朝起きると身体のあち
こちが痛い。ついでに3連休でリズムも狂って
しまっている。


(α7 / Carl Zeiss C Sonnar T* 1.5/50 ZM)



b0344060_22191743.jpg


ライカの操作を含めたすべてがボクにとって
お気に入りだけど最短撮影距離が長いのが難
点なのだ。レンジファインダー用のレンズだ
から仕方ないけど、寄りたい時に寄れないの
も辛い。そんなこんなの言い訳でα7に手を出
してしまった。フォクトレンダーのアダプタ
を使うとレンズが別物に変身。


(α7 / Carl Zeiss C Sonnar T* 1.5/50 ZM)




b0344060_22232228.jpg


この場所はよく来るので思い入れがある。
家から近くて美術館もあって珈琲を飲んで
長居できる場所もある。ボクにとって救い
の場所でもある。


(α7 / Carl Zeiss C Sonnar T* 1.5/50 ZM)
[PR]
by 85-f14 | 2015-01-12 22:25 | Osaka | Comments(0)
#1 音もなく始まったボクの1年  2015.1.1
b0344060_19105466.jpg



新年を迎えた。昨夜は紅白も見ず除夜の鐘も
聞かずに薬を飲んで寝たので朝から調子が悪
い。祖父母の家で何年かぶりにおせち料理を
食べて過ごした静かすぎる元旦の日。


夕方から雪が降り始め、静かすぎるボクの1年
の始まりが周りの音をかき消してさらに静かな
ものとなっている。残すところ364日、どう過
ごしていくべきか考えてしまう。



(Leica M (Typ 240) / APO-SUMMICRON-M f2/75mm)
[PR]
by 85-f14 | 2015-01-01 19:17 | Osaka | Comments(2)
#2 真夜中の予告編なしの4本立て映画 2014.12.14
b0344060_0541166.jpg


影が大きく伸びる時間帯。思わずシャッター
を切った。映る影がボクが今ここに存在する
揺るぐことのない証のようだった。


(Leica M-E / Carl Zeiss Planar T* 2.0/50 ZM)



b0344060_0575132.jpg


古い公民館。今はほとんど使われていないよ
うでひっそりとしている。日曜日だからだろ
うかどこからかビアノの音が小さく聞こえて
いる。その音が寂しさを助長させてくれる。



(Leica M-E / Carl Zeiss Planar T* 2.0/50 ZM)




b0344060_103825.jpg


フェンス越しのなんでもない風景だけどボク
はここからの眺めが好きだ。前の川と聞こえ
てくる踏切の遮断機と電車が川を越える時の
音がこの風景を完成させているんだろう。

結局隣の駅までぶらぶらと歩いて久し振りの
いつものカフェで夕方まで時間をつぶして帰
ろうと思ったけど、欲しいと考えていたアウ
ターのことを珈琲を飲みながら思い出してし
まいJR~地下鉄を乗り継いで烏丸まで買い
に出掛けた。

その辺りはボクらしい休日だと思う。


(Leica M-E / Carl Zeiss Planar T* 2.0/50 ZM)
[PR]
by 85-f14 | 2014-12-15 01:08 | Osaka | Comments(0)
#1 真夜中の予告編なしの4本立て映画 2014.12.14
b0344060_0314479.jpg


眠り始めの1~2時間は熟睡できるけどその
後は夢ばかり見ている。内容は様々で後味の
悪いものが多い。今日も眠気がやってきたの
で早々に横になったけど今パソコンのまえに
座っている有り様だ。

昼から散歩がてらカメラをもって隣の駅まで
歩いてみた。中学生までよく遊んだ公園や河
川敷が妙に懐かしくファインダー越しに見る
風景はあの頃と変わってはいなかった。

よくここに座って話をしていたのが懐かしい



(Leica M-E / Carl Zeiss Planar T* 2.0/50 ZM)


b0344060_0432599.jpg


ボクの住んでいる町はどちらかというと田舎
のカテゴリに属している。でも大阪や京都に
行くにはどちらも30分圏内なのであまり不
便を感じたことがない。


山が近くて草木、田園も多くて落ち付ける場
所なのかもしれない。そんな町でも大人にな
るとゆっくりと周りをみて歩くことがなくな
ってしまっている。



(Leica M-E / Carl Zeiss Planar T* 2.0/50 ZM)




b0344060_0483082.jpg


普段歩いて通ることのない道で古いブランコ
を見つけた。3つあるんだけど真ん中の1つ
が根元からなくなっていた。最近はこのタイ
プの物はことごとく撤去されてしまうので残
っていたのが奇跡かもしれない。

記念に乗っておこうかとふと思ったけど、
壊れてしまいそうなので遠慮しておいた。



(Leica M-E / Carl Zeiss Planar T* 2.0/50 ZM)
[PR]
by 85-f14 | 2014-12-15 00:53 | Osaka | Comments(0)
#1 何も生まれてこない日 2014.11.10
b0344060_23242548.jpg


仕事から帰ってもすることが何もないので
隣り街の本屋へ出掛けて店内をウロウロと
して立ち読みをして2時間。

珈琲片手に買った雑誌を読んで2時間。
結局何も生まれないこない日だった。

唯一帰りのホームで「こんなところに矢印
があったんだ」と小さすぎる発見をしたこ
とだけが今日のボクだった。


(iPhone 6)
[PR]
by 85-f14 | 2014-11-10 23:31 | Osaka | Comments(0)
#1 嚥下する消耗戦の続き 2014.11.08
b0344060_21494257.jpg


となりの駅で昼から研修だった。さほど用事が
ないと降りることのない駅もカメラ片手に歩け
ばそれなりに撮りたいものと出くわす。

最近は今の生活にようやく慣れてきたみたい。
TVは付けずに最近はブリティッシュロック音
楽が四六時中、部屋の中を流れている。

今日も身を削って終わることのない消耗とい
う名の戦いを見えない相手に挑んでいる。



Leica X-E (Typ 102)




b0344060_2156398.jpg


なんとも左右対称な二人だけど年齢も違うし
同じように屈んでいるけど一人はスマホだし
もう一人はメモを見ていた。

本当の意味でのシンメトリーはないのかも
しれないし、そうでないほうがいいのか?


Leica X-E (Typ 102)
[PR]
by 85-f14 | 2014-11-08 21:59 | Osaka | Comments(0)
#1 ボクのまわりにある変わらない日常 2014.11.04
b0344060_1926126.jpg


久し振りに出勤をしたけど、今までと何一つ
変わらない日常がそこにはあった。

泣きたくなるような光景は人生観の変わるよ
うな場所に行かなくたって、いつも傍にあっ
とことに気付かされた。

トイレの窓から見える滲んだ景色も決して悪
くはない。



(iPhone 6)



b0344060_19293876.jpg


こんな場所にも花は咲いている。誰の目にも
留まることは、たぶんないだろう。

ボクも今まで幾度となくこの道を通っている
けど、ありふれた日常の中の一コマで過ぎず
気付くことがなかった。

風が冷たくなってきてコートを着ないといけ
なくなる夕方は色々なことが頭をよぎる。


(iPhone 6)

[PR]
by 85-f14 | 2014-11-04 22:27 | Osaka | Comments(0)