カテゴリ:Kyoto City( 258 )
#2 1973 romance 2017.1.20
b0344060_2310335.jpg


開店前のライカストアの前でQを持った男性
に出会う。彼のライカに装着されていた組紐
ストラップの色が実に鮮やかだった。ボクは
大阪の南船場にあるAcruのものをチョイスし
ているが、A&Aの鮮やかなオレンジもなか
なかカッコよかった。


(Leica M9-P / Summitar L 5cm F2)




b0344060_23183161.jpg




(Leica M9-P / Summitar L 5cm F2)



b0344060_23184296.jpg




(Leica M9-P / Summitar L 5cm F2)
[PR]
by 85-f14 | 2018-01-20 23:18 | Kyoto City | Comments(0)
#1 1973 romance 2017.1.20
b0344060_22544594.jpg


驚きと嘆きは突然やってくる。


だから驚きなのというのだろう。リフレッ
シュとセンサーの交換から上がったと昨日
ライカから連絡があった。まさか一週間で
仕上がるとは思ってもなく来週の給料日あ
とぐらいと考えていたので困りものだ。


なんとか費用を工面してM9-Pを引き取り
にいく。心配していたヴァルカナイトの張
革は再利用できたようで、オーバーホール
後とスタイルの変化はなくひと安心。

さっそく持参したレンズを装着してスナッ
プするが大きな変化は感じられない。




(Leica M9-P / Summitar L 5cm F2)



b0344060_2385389.jpg




(Leica M9-P / Summitar L 5cm F2)



b0344060_239575.jpg




(Leica M9-P / Summitar L 5cm F2)



b0344060_2391436.jpg




(Leica M9-P / Summitar L 5cm F2)
[PR]
by 85-f14 | 2018-01-20 23:09 | Kyoto City | Comments(0)
#3 偏愛CCD 2017.1.13
b0344060_22443092.jpg


祇園、清水界隈はカメラを持った人を多く
見かける。集団でスナップし街を闊歩する
男女にも何度も出くわした。

それぞれ嗜好が違うようで何を撮っている
か見ていると面白くて、しばらく横から眺
めさせてもらった。

でもボクがファインダーを覗く先に見える
ものはボクにしかわからない。

皆それぞれ、そういうものなのだろう。



(Leica M-D (Typ 262) / Summilux-M f1.4/50mm 1st)




b0344060_22511012.jpg




(Leica M-D (Typ 262) / Summilux-M f1.4/50mm 1st)



b0344060_22512349.jpg





(Leica M-D (Typ 262) / Summilux-M f1.4/50mm 1st)
[PR]
by 85-f14 | 2018-01-13 22:52 | Kyoto City | Comments(2)
#2 偏愛CCD 2017.1.13
b0344060_223854.jpg


今日は寒く、吐く息が一段と白い。

空気そのものが白さを纏っているようだ。
見慣れた光景が気温だけで違って見える。



(Leica M-D (Typ 262) / Summilux-M f1.4/50mm 1st)



b0344060_22415133.jpg





(Leica M-D (Typ 262) / Summilux-M f1.4/50mm 1st)



b0344060_22422795.jpg



(Leica M-D (Typ 262) / Summilux-M f1.4/50mm 1st)
[PR]
by 85-f14 | 2018-01-13 22:42 | Kyoto City | Comments(0)
#1 偏愛CCD 2017.1.13
b0344060_22154773.jpg


遅くまで起きていた日の朝は眠気が取れず
電車に乗るとまたすぐ微睡んでしまう。

そんな日は途中で乗り換えることなく各駅
停車で目的地へ向かうのがベストだ。


8月中旬まで無償でセンサー交換をしてく
れるとライカからのアナウンスがあったが
それ以降はプラス、オーバーホール込みで
格安で対応してくれるとのことなので9月
に入り予約を入れていた。供給が追い付か
ず1年弱と言われていたが、一昨日連絡が
入り今日ライカに預けに来た。

まだ先だと高を括り正月に散在してしまっ
たので予想外の出費は痛い。

ライカジャパンの提示の金額より見積もり
が上回ったが、シャッター周りの部品代だ
そうで、長く使うには推奨してるとのこと
で、そう言われるとお願いするしかない。

10万円を上回ってしまうが、新型CCD
とリフレッシュ込みでこの金額では実質の
ところセンサー分は無料に近い。一つだけ
わがままでもう部品供給していないヴァル
カナイトの貼革を再利用してもらうように
お願いをして店を出た。



(Leica M-D (Typ 262) / Summilux-M f1.4/50mm 1st)




b0344060_22341779.jpg




(Leica M-D (Typ 262) / Summilux-M f1.4/50mm 1st)



b0344060_22344628.jpg





(Leica M-D (Typ 262) / Summilux-M f1.4/50mm 1st)



b0344060_2243264.jpg




(Leica M-D (Typ 262) / Summilux-M f1.4/50mm 1st)
[PR]
by 85-f14 | 2018-01-13 22:36 | Kyoto City | Comments(0)
#3 窓からみえる喪失 2017.12.31
b0344060_18443843.jpg


珍しくライカ持ちの外国観光客を見かけた。
着物の女性グループをスナップしていた。

MPを操る男性と夫婦だろうか、ブロンドの
女性がとてもかっこよく目に留まった。


今年も残すところあとわずか。
良いお年をお迎えください。



(Leica M (Typ 240) / Summarit L F=5㎝ 1:1.5)





b0344060_18534529.jpg




(Leica M (Typ 240) / Summarit L F=5㎝ 1:1.5)




b0344060_18535576.jpg





(Leica M (Typ 240) / Summarit L F=5㎝ 1:1.5)
[PR]
by 85-f14 | 2017-12-31 18:54 | Kyoto City | Comments(0)
#2 窓からみえる喪失 2017.12.31
b0344060_1833225.jpg


マグニファイヤーを装着し視野倍率を上げて
いるが、接眼部のゴムが外れやすくて失くし
て困ってしまうことがもう、何度かある。

先日もライカジャパンに送付して修理しても
らった。工賃と送料が馬鹿にならないが、眼
鏡をするボクにはなくてはならない小さなパ
ーツだ。これでレンズ傷がつかなくて済む。



(Leica M (Typ 240) / Summarit L F=5㎝ 1:1.5)



b0344060_18433248.jpg





(Leica M (Typ 240) / Summarit L F=5㎝ 1:1.5)




b0344060_1843932.jpg




(Leica M (Typ 240) / Summarit L F=5㎝ 1:1.5)
[PR]
by 85-f14 | 2017-12-31 18:44 | Kyoto City | Comments(0)
#1 窓からみえる喪失 2017.12.31
b0344060_182757.jpg


今年が終わる京都は予想以上に静かな朝
だった。いつもは早くから賑わう通りも
人は少なく、吐く息だけが白く曇る。

M型にズマリットを付けてきたが、久し
ぶりに持ち出したからなのか、T型が軽
るすぎるからなのか、重く感じる。

オールド特有の艶がなく彩度の落ちた色
合いが冬の京都にしっくりくる。

(Leica M (Typ 240) / Summarit L F=5㎝ 1:1.5)



b0344060_18321798.jpg




(Leica M (Typ 240) / Summarit L F=5㎝ 1:1.5)




b0344060_18323424.jpg




(Leica M (Typ 240) / Summarit L F=5㎝ 1:1.5)
[PR]
by 85-f14 | 2017-12-31 18:32 | Kyoto City | Comments(0)
#2 invisible chain 2017.12.17
b0344060_053040.jpg


約束の時間はまだもう少し先だったので
店を見て廻る。外は身を切るような寒さ
だが、入った客を過剰にもてなすように
暖房が効き過ぎるほど入り汗ばむほどだ。

冷やかしで入ったショップで試着の際に
暑いと言ったら店員がウォーターボトル
を差し出してくれた。優しい気遣いか、
購入の勧めかわからないが、上手に手玉
に取られたようだ。こうなると断れない。


ショップを出て屋上でクールダウンする
がもう遅かった。



(Leica TL2 /Summicron-M f2/35mm 2nd)




b0344060_115314.jpg




(Leica TL2 /Summicron-M f2/35mm 2nd)



b0344060_12417.jpg



(Leica TL2 /Summicron-M f2/35mm 2nd)
[PR]
by 85-f14 | 2017-12-18 01:03 | Kyoto City | Comments(0)
#1 invisible chain 2017.12.17
b0344060_0372155.jpg


ここ数年、自分だけにために使う時間が
多くなり遅まきながら、家族という言葉
を再考することを覚えた。

昨年同様に母親の記念日の今日、食事を
するために京都へ出掛ける。時間は夕方
からなので少し街をスナップすることに。


(Leica TL2 /Summicron-M f2/35mm 2nd)



b0344060_0504179.jpg


いつもの場所を通り抜けかけ、もう一度
視線を戻してシャッターを落とす。何度
も何度もスナップした場所だが、気にな
ってしまうそんな場所だ。



(Leica TL2 /Summicron-M f2/35mm 2nd)



b0344060_0522421.jpg




(Leica TL2 /Summicron-M f2/35mm 2nd)
[PR]
by 85-f14 | 2017-12-18 00:52 | Kyoto City | Comments(0)