カテゴリ:Kyoto City( 242 )
#3 好きでいられる距離感 2014.10.13
b0344060_135371.jpg


夕暮れ迫る南禅寺の門では外人さんが本を
広げていた。とても穏やかな表情で静かに
静かに文字を目で追っていた。時折ページ
をめくる音が聞こえてくる。ボクも邪魔し
ないように静かにシャッターを落とす。

空気感、抽象的な言葉だけどこういうこと
をいうんだなと思う。


(Leica M (Typ 240) / APO-SUMMICRON-M f2/75mm)



b0344060_1101475.jpg



1人ではなく2人でのスナップは会話をしな
がらなのでやっぱり楽しい。でも楽しけれ
ば楽しいほど帰ってからのボクの中に存在
する空白の時間の存在が怖くなってしまう。

夕方の5時から晩の9時ぐらいがその時間。
なんでなのかわからないけど、4時間ぐら
いが今も一番つらい時間なのです。それを
過ぎると波が引いていく。

今日もそんな時間がやってきそう。でも帰
ったのが遅かったから今日は助かった。


(Leica M (Typ 240) / APO-SUMMICRON-M f2/75mm)



b0344060_1154865.jpg


一日が終わろうとしている。天気が良かっ
た日なのでゆっくり、ゆっくりと日が落ち
ていく。きっと明日もいい天気なんだろう
と思う。明日もカメラを持って友人と出か
ける予定が入っている。

「僕は決して1人ではない。写真とカメラ
それを繋いでいる友人たちがいてくれる」
夕暮れのなか、そんなことを考えていた。


(Leica M (Typ 240) / APO-SUMMICRON-M f2/75mm)
[PR]
by 85-f14 | 2014-10-19 01:21 | Kyoto City | Comments(0)
#2 好きでいられる距離感 2014.10.13
b0344060_0472726.jpg


ドイツにはいったことないけど、光の回り
具合を見ていたら、ドイツの光はこんな感
じなんだろうなと、ふと思った。

帰ってからこの写真を現像していたら急に
大崎善生の本を読みたくなった。でも本は
全部処分したんだった。

胸をかきむしりたくなる喪失感を感じる切
ない内容が多いから、好きだけどもう読む
ことはないと思ってたけど・・。

また少しずつ揃えようと思えたのはなぜ?


(Leica M (Typ 240) / APO-SUMMICRON-M f2/75mm)


b0344060_0554266.jpg


今日の京都は着物の人がとても多かった。
ファインダーを覗いてピントを合わせて
たらボクの横を通り過ぎていく女性達。

フッと鼻をくすぐる香りがボクを切なく
させる。懐かしい香りにファインダーを
彼女たちに合わせていた。


(Leica M (Typ 240) / APO-SUMMICRON-M f2/75mm)


b0344060_0583176.jpg


友人とぶらぶら散歩スタイルであてもな
く歩く。今日も友人は85mmをカメラに
付けてテンポよく景色を切り取っていく

ボクは以前に比べてとてもゆっくりとし
たスタイルでシャッターを切っていく。

今日はとても光がきれいに見える。影と
光のコントラストが美しい。これからの
人生も光輝くものにしていきたいな。



(Leica M (Typ 240) / APO-SUMMICRON-M f2/75mm)
[PR]
by 85-f14 | 2014-10-19 01:04 | Kyoto City | Comments(0)
#1 好きでいられる距離感 2014.10.13
b0344060_0422116.jpg


掲示板にはたくさんのポスターが貼ってあり
興味深い。伝えたいこと、伝えなきゃいけな
いこと。想いが視覚的に訴えてくる。


(Leica M (Typ 240) / APO-SUMMICRON-M f2/75mm)
[PR]
by 85-f14 | 2014-10-19 00:46 | Kyoto City | Comments(0)
#3 手が覚えている記憶 2014.10.12
b0344060_0395690.jpg


睡眠時間は変わらず少ないからだけど最近
は昼間に睡魔に襲われる。じゃあ、夜寝れ
ば?と思うけど、これが難しい。

そして今日は特に眠かった。考えたらほと
んど寝てないからなのデス。歩いていても
睡魔が襲ってくる。

夜もこんなに眠いとうれしいだけどね~。
相反することみたいだけど対極している
ものがボクの中で戦っているみたいです。

目がショボショボして、おまけにレンズ
が長玉だからピント合わせが大変デス。



(Leica M (Typ 240) / Voigtlander HELIAR classic 75mm F1.8 VM)



b0344060_0471997.jpg


夕方になり家路を急ぐ人の長い列が横断
歩道を通り抜けていく。笑い声や話声が
ここからでも聞こえる。普段はなんとも
思わない光景だけど今はノイズにしか聞
こえない。風が出てきて台風が迫ってい
るみたい。


(Leica M (Typ 240) / Voigtlander HELIAR classic 75mm F1.8 VM)



b0344060_05141.jpg


今日のミュージックはいつものワンオク
ではなく中島みゆきの糸がリピートしてる。

「縦の糸はあなた 横の糸は私
逢うべき糸に 出逢えることを
人は 仕合わせと呼びます」

人は1人では何もできないけどいろんな人と
関わり成長していく。そういわれているよう
な気がします。

今日は車だったのをすっかり忘れて危うく電
車で帰るところだった。たまに乗るとこうい
うことになるのです。

あと、そろそろヨドバシカメラさまへの奉公
をやめないといけないな。



(Leica M (Typ 240) / Voigtlander HELIAR classic 75mm F1.8 VM)
[PR]
by 85-f14 | 2014-10-13 00:57 | Kyoto City | Comments(0)
#2 手が覚えている記憶 2014.10.12
b0344060_0271627.jpg


ライカX-Eの撮って出しは情緒的な絵を
見せてくれる。彩度の高い写真を見慣れ
ていると尚更そう感じる。枯れた蓮の葉
と自分を重ねてしまう。

「日をもぎ取れ、日を収穫せよ」

憂鬱に押しつぶされず、1日を大切にしな
ければいけないって言われているようだ。



(Leica X-E (Typ 102)



b0344060_0364954.jpg


京都タワーのサイズ感が人がいると俄然、
わかりやすい。何かの大きさをわかりや
すくする時にとなりに煙草の箱を置いて
比べているのを思い出した。

思い思いの休日の一コマ。


(Leica M (Typ 240) / Voigtlander HELIAR classic 75mm F1.8 VM)
[PR]
by 85-f14 | 2014-10-13 00:39 | Kyoto City | Comments(0)
#1 手が覚えている記憶 2014.10.12
b0344060_083278.jpg


忘れずに週末はやってきた。過ごし方の
わからないボクにとっては、簡単にやり
過ごすことができない時間だ。

こういう時は遠くに行くのが一番いいの
ですが昨日の夜にIDやらパスワード、
メールアドレスを過去と関係のないもの
に変更してたら多すぎて朝になってしま
った。ふらふらなので近場にしてしまっ
たので、余計に行く所に困って渉成園で
まったりしてました。

いろいろ変更したけどいざログインする
しようとしたら手が勝手に前のを入力し
ていて慣れるまで困ったものです。



(Leica M (Typ 240) / Voigtlander HELIAR classic 75mm F1.8 VM)



b0344060_0204250.jpg


ここの庭園はとても落ち着ける場所です。
だって人が少ない。今日は台風が迫って
るので特に・・。誰とも話をしないと決
まって考えることは同じ。でも自分の中
の答えはまだ出ない。たぶん明日も・・。



(Leica M (Typ 240) / Voigtlander HELIAR classic 75mm F1.8 VM)



b0344060_02315.jpg


ここを訪れる人は年配の人が多い渉成園
ですが大抵は2人から3人づれ。こうして
1人で来ている人を見るとなんだかほっと
してしまうのです。



(Leica M (Typ 240) / Voigtlander HELIAR classic 75mm F1.8 VM)
[PR]
by 85-f14 | 2014-10-13 00:26 | Kyoto City | Comments(0)
#1 甘い果実と衝動、時々Leica  2014.9.26
b0344060_2214582.jpg


後ろから見ているとF1のスタートシグナル
よろしく先頭近くにいる人は地団太踏んで
信号が変わるのを待っている。ボクもその
1人なんだけどね。


(Leica M (Typ 240) / Carl Zeiss Planar T* 2.0/50 ZM)



b0344060_22162296.jpg


京都の住所はとても難しい。同じ看板だけど
すでに書いてある住所が違う。どっちが正解
なんだ・・? 京都の人はわかるでしょうね

こないだ金沢に行ったとき読みたいと思って
いた本が違って、今日その本を買おうと思っ
探したけど在庫切れ。1件、2件と探すけど
見つからない。5件目でようやく見つけた。

探すほどに欲しくなる。これって人の心理
なんでしょうか。唯川さん、ようやく出合
えましたね。お願いですから電子書籍でも
出してください。


(Leica M (Typ 240) / Carl Zeiss Planar T* 2.0/50 ZM)
[PR]
by 85-f14 | 2014-09-26 22:23 | Kyoto City | Comments(0)
#4 書き留める毎日 2014.9.24
b0344060_19221216.jpg


よく通る寺町にある古文書を扱う書房。
これまで変化を続ける街でいろんな物
を見てきたんだろうと思う。

物語のある場所っていいね。


(Leica M (Typ 240) / Voigtlander NOKTON classic 40mm /F1.4 VM)



b0344060_1924521.jpg


夢見る少女の夢ではないけど、よく夢を
見る。大抵は夢でよかったと思うのでは
なくその逆なのでとても悲しくなる。

この歳になると残念ながら将来の夢では
なくちょっとした希望という夢をみてし
まうのです。


(Leica M (Typ 240) / Voigtlander NOKTON classic 40mm /F1.4 VM)
[PR]
by 85-f14 | 2014-09-24 21:57 | Kyoto City | Comments(0)
#3 書き留める毎日 2014.9.24
b0344060_19103113.jpg


今日は朝から珈琲ばっかり飲んでいる。
ゆっくりとipadで小説や雑誌を見たり
歩いている人を眺めるのが楽しみにな
っている。


(RICOH GR)



b0344060_19132695.jpg


本屋に寄ってまたスタバ。ここは高い
場所にあるから眺めがいい。平日なの
空いていてゆっくり席を使えた。

最近は思ったことをメモに書き留める
ようにしている。カバーがついてそん
なに大きくないものがみつけられなく
て付箋を使ってたけど今日良いものを
見つけることがつけることができた。
ついでにペンも少しいいものを・・。

本はipadにしてペーパーレスにしたの
に・・。やっぱり字は書かないとね。


(RICOH GR)



b0344060_19173318.jpg


3回目の珈琲。カフェは入るのがなんだ
か嫌だなぁって思ってたけど、おなかが
減ったなと思ってたら目の前がよく行っ
てた場所だったので入ってみました。

いい場所だけど少し複雑だな。



(RICOH GR)
[PR]
by 85-f14 | 2014-09-24 21:32 | Kyoto City | Comments(0)
#2 書き留める毎日 2014.9.24
b0344060_19215.jpg


誰もいない部屋で少し湿気の含んだ空気を
感じながらいろんなことを考える。今まで
のこと、そしてこれからのこと。いい考え
、解決策は浮かばない・・。


b0344060_1942134.jpg


刹那。それは極めて短い時間のこと。
今この瞬間だけを楽しく生きること
はいけないことなのかもしれない。
そう言いながらも刹那的かもね。


(Leica M (Typ 240) / Voigtlander NOKTON classic 40mm /F1.4 VM)



b0344060_1965595.jpg


見事に女性だけが写経をされてました。
無になることって、とても難しい。
だって無になるって考えてしまうこと
自体、無になれていないってことなの
だから。一体どうしたらいいのか。


(Leica M (Typ 240) / Voigtlander NOKTON classic 40mm /F1.4 VM)
[PR]
by 85-f14 | 2014-09-24 21:19 | Kyoto City | Comments(0)