カテゴリ:Nara( 20 )
#4 真昼のラビリンス 2017.6.17
b0344060_2251033.jpg


路地を歩いていると階段を見つけた。

古いアパートのようで上に向かって伸びる
階段の上は暗くて見えない。そっと足を踏
み出すと、ギシギシと音を立てるが、この
好機を逃してはと思い一歩づつ上がってみ
ると、ボク的にうれしい光景があった。


(Leica M (Typ 240) / Summar L 5cm F2)



b0344060_2256473.jpg


初夏の強い光が見せる影が好きだ。

緑と朽ちかけた人工物を求めて彷徨い迷う
路地を味わう時間は何物にも代えがたい。



(Leica M (Typ 240) / Summar L 5cm F2)




b0344060_2259531.jpg




(Leica M (Typ 240) / Summar L 5cm F2)
[PR]
by 85-f14 | 2017-06-17 23:00 | Nara | Comments(0)
#3 真昼のラビリンス 2017.6.17
b0344060_22412334.jpg


町は決して大きくはないが、こだわりのある
店が多いと思う。スナップしながら雑貨店を
覗くのも楽しみのひとつだ。

訪れる度に入るセレクトショップでキャップ
とフィルソンのトートを見つけた。店のオー
ナーの友人は海外でライカの代理店をしてい
るそう。そんなやり取りも面白い。

荷物になるので帰りまで取り置きをお願いし
て、引き続きスナップに興じる。



(Leica M (Typ 240) / Summar L 5cm F2)





b0344060_2248763.jpg


海外からの観光客が多いが京都に比べると
アジア系の人が多いように感じる。

一時に比べると最近はマナーがずいぶんと
良くなったように思える。



(Leica M (Typ 240) / Summar L 5cm F2)




b0344060_22492797.jpg





(Leica M (Typ 240) / Summar L 5cm F2)
[PR]
by 85-f14 | 2017-06-17 22:50 | Nara | Comments(0)
#2 真昼のラビリンス 2017.6.17
b0344060_22361756.jpg


前に訪れた時に見つけた放置されたブルーの
ロードスター。少しずつ太陽に焼かれ色味が
変化して自然に同化し馴染んでいく。


(Leica M (Typ 240) / Summar L 5cm F2)



b0344060_22392351.jpg




(Leica M (Typ 240) / Summar L 5cm F2)




b0344060_2240877.jpg




(Leica M (Typ 240) / Summar L 5cm F2)
[PR]
by 85-f14 | 2017-06-17 22:40 | Nara | Comments(0)
#1 真昼のラビリンス 2017.6.17
b0344060_22233431.jpg


昨夜は遅くまで映画を見ていたので、今朝は
気怠い目覚めとなった。そんな朝は動き出す
のが遅く、フィルムを詰めようと思ったけど
面倒になり、久しぶりにノンフィルムで家を
出る。比較的空いていたので高速で小一時間
で奈良へ着いた。

蒸し暑く、午前と午後の光が混じる時間帯が
似合う町だと思う。


(Leica M (Typ 240) / Summar L 5cm F2)




b0344060_22324840.jpg


少し遅い時間帯に到着したので駐車場は満車
状態。ならまち付近ではなく、きたまちへ向
かい駐車して歩く。静かな場所だ。



(Leica M (Typ 240) / Summar L 5cm F2)



b0344060_22343697.jpg


いつものならまち入口にある路地へ向かう。
変わらない光景だった。

(Leica M (Typ 240) / Summar L 5cm F2)
[PR]
by 85-f14 | 2017-06-17 22:35 | Nara | Comments(0)
#4 どこにもない何処か 2016.9.27
b0344060_22194223.jpg


街を歩く人をスナップしているとにこやかに
ボクに手招きをする旅行者。怒られるのかと
思ったがなんと写真を撮らせてくれた。

正面過ぎてここには載せないが去り際の
いい笑顔を載せておく。ありがとう。


(GR II)




b0344060_22222898.jpg


まだ生れてから間もない子どものシカ。
足を折り曲げて座る姿が愛らしい。


(GR II)


b0344060_22234546.jpg


明日は雨の予報。休みの最終日だ。


(GR II)
[PR]
by 85-f14 | 2016-09-27 22:24 | Nara | Comments(0)
#3 どこにもない何処か 2016.9.27
b0344060_22114517.jpg


鹿せんべいを売るおばさんが奈良では当たり
前の光景。「Nara standard」なのだ。


(Leica M (Typ 240) / Summicron M F=5㎝ 1:2 1st rigid)



b0344060_22141933.jpg


今日は相当に暑い。歩いていて店先のガラス
に映る自分の額から滝のような汗が出ている
姿にビックリする。


(Leica M (Typ 240) / Summicron M F=5㎝ 1:2 1st rigid)



b0344060_2218269.jpg


コントラストの高い青空をモノクロにしてし
まう行為に背徳感を感じてしまう。


(Leica M (Typ 240) / Summicron M F=5㎝ 1:2 1st rigid)
[PR]
by 85-f14 | 2016-09-27 22:19 | Nara | Comments(0)
#2 どこにもない何処か 2016.9.27
b0344060_2243254.jpg


春日大社脇にある少し奥まった場所で鹿が水
を飲んでいた。息を止めて静かに近づいて鹿
が顔を上げるとボクも歩みを止めることを繰
り返したがここで限界。人馴れしていない。


(Leica M (Typ 240) / Summicron M F=5㎝ 1:2 1st rigid)


b0344060_228203.jpg


奈良の細い路地を歩くと懐かしい匂いが風に
乗ってやってくる。秋を忘れてしまった今日
の暑さに似合う町なのだ。


(Leica M (Typ 240) / Summicron M F=5㎝ 1:2 1st rigid)



b0344060_229509.jpg




(Leica M (Typ 240) / Summicron M F=5㎝ 1:2 1st rigid)
[PR]
by 85-f14 | 2016-09-27 22:10 | Nara | Comments(0)
#1 どこにもない何処か 2016.9.27
b0344060_2145172.jpg


久しぶりの旅行で900Kの長距離を走った
ためか瞼の奥が揺れている感覚に捉われる。

そんな状態なので今日は電車で移動。奈良市
写真美術館で森山大道・入江泰吉・百々俊二
展へ出かけてきた。大阪を舞台にストリート
スナップが間近で見れる良い機会だった。

街の表情は「どこにもない何処か」なのだ。


(GR II)


b0344060_21585516.jpg


奈良といえば外せないのが鹿。
見ていると心地よくなる。


(GR II)


b0344060_2205924.jpg


興福寺の五重塔より南円堂のほうに魅力を
感じる。いつ見てもいいフォルムだ。


(GR II)
[PR]
by 85-f14 | 2016-09-27 22:03 | Nara | Comments(0)
#5 今日という日は数字の羅列 2016.2.11
b0344060_22161399.jpg


歩きすぎたのか、肩こりの影響なのか頭痛が
してきた。薬局で薬を買おうかと思うがそん
な時に限ってあるはずの店が見つからない。

飲み物を飲んでひと息ついて漸く見つけた時
には頭痛は引き始めているというオチだった。



(Nikon F3 HP/ Ai Nikkor 50mm F1.4S)


b0344060_22201257.jpg


フィルムはなぜだか撮る角度によって色味が
随分変わる。青く転んだりするときもある。

でもどう転んでもフィルムの色味はいい。


(Nikon F3 HP/ Ai Nikkor 50mm F1.4S)


b0344060_22223664.jpg


現像して帰ろうかと思ったがあいにく休日で
どこも開いていなかった。とりあえず巻き取
りポケットにフィルムを入れてから今更なが
ら何も食べていなかったことに気づき食事を
してから奈良を後にした。

(Nikon F3 HP/ Ai Nikkor 50mm F1.4S)
[PR]
by 85-f14 | 2016-02-11 22:27 | Nara | Comments(0)
#4 今日という日は数字の羅列 2016.2.11
b0344060_2271152.jpg


ボクよりずっと若い姿をみて自分の年齢に
あらためて気付いてしまう。子どもの笑い
声が小道を曲がってからも耳に届いている。


(Nikon F3 HP/ Ai Nikkor 50mm F1.4S)



b0344060_22103655.jpg


春の陽気で鹿も警戒心が薄くなっているの
だろうか近づいても逃げることがなかった。


(Nikon F3 HP/ Ai Nikkor 50mm F1.4S)



b0344060_2212819.jpg


ならまちに再び降りて来た。この界隈は幾
度となく訪れても何度往復しても飽きるこ
とはない場所なのだ。


(Nikon F3 HP/ Ai Nikkor 50mm F1.4S)
[PR]
by 85-f14 | 2016-02-11 22:15 | Nara | Comments(0)