<   2014年 12月 ( 36 )   > この月の画像一覧
#6 年の瀬という時間の概念がもたらすもの 2014.12.31
b0344060_23163169.jpg


とても存在感のある2人を見つけた。自分達
を認識させるものを持っていた。どこまでも
目で追ってしまうほどだった。


(Leica M-E / SUMMARIT-M f2.5/50mm)



b0344060_23175733.jpg


もうすこしで今年も終わる。いつものボクな
らこんな時にブログなんかせずに初詣にいく
準備をしていたのだろう。毎年しているいつ
もの行動すべてが今年は違う。無限ループに
陥らないようにしないといけない。

去年とは違う東京。自分なりに満喫でき心乱
れることなく過ごすことができたのが成果だ
った。時間の概念とはいったいなんだろうと
つくづく考える。実際は無なのだろうか。



結局年賀状は今年は1枚も出せなかった。
新年を祝う気になれなかったのが正直なとこ
ろだ。明日元旦からは静かにしておこうと思
っている。めでたい日に自分だけが取り残さ
れそうな気がするから。

いろいろあったけど周りの人に助けてもらっ
てここまできた。来年は恩返しができたらい
いと思う。


(Leica M-E / SUMMARIT-M f2.5/50mm)
[PR]
by 85-f14 | 2014-12-31 23:28 | Tokyo | Comments(0)
#5 年の瀬という時間の概念がもたらすもの 2014.12.31
b0344060_23798.jpg


上野まで戻ってきた。最後にアメ横でグリー
ンのミリタリージャケットがどうしても欲し
くて我慢できなかった。軍物が多いことで知
られるアメ横だけどなかなか思ったものが見
つからない。あるお店で思い切って素材と形
を伝えると奥から出してきてくれた。

イメージ通りだったのでそのまま着て帰るこ
とに。イメージ違いは値段だけだった。

ここが外国人も多くとても存在感のある街だ
いいと思う被写体も数知れず。皆速足なので
出合い頭の瞬間が勝負だ。


(Leica M-E / SUMMARIT-M f2.5/50mm)


b0344060_23122080.jpg


一瞬のすれ違いを写真に収めようと思うと
一眼レフや高性能なミラーレスではないの
でどうしてもぶれてしまう。それもライカ
と写真の味と割り切らないと。



(Leica M-E / SUMMARIT-M f2.5/50mm)




b0344060_23134487.jpg


今年最後の夢を求めてドリーマー達が集う
場所。願い叶うといいね。


(Leica M-E / SUMMARIT-M f2.5/50mm)
[PR]
by 85-f14 | 2014-12-31 23:15 | Tokyo | Comments(0)
#4 年の瀬という時間の概念がもたらすもの 2014.12.31
b0344060_2311497.jpg


最近セレクトショップが比較的多いと言われ
る蔵前という場所にやってきた。地図を片手
に探したけど家具屋さんも革製品のお店も残
念ながら年末でお休み。しかたないね。


(Leica M-E / SUMMARIT-M f2.5/50mm)



b0344060_2334672.jpg


熱がある時は水分補給が大事。なんども立ち
止ってはお茶を飲んで休憩。


(Leica M-E / SUMMARIT-M f2.5/50mm)
[PR]
by 85-f14 | 2014-12-31 23:05 | Tokyo | Comments(0)
#3 年の瀬という時間の概念がもたらすもの 2014.12.31
b0344060_225559.jpg


月島は昭和の雰囲気が漂っていた。東京には
意外とたくさんの下町があることを今回知っ
た。見どころはたくさんある。


(Leica M-E / SUMMARIT-M f2.5/50mm)


b0344060_2256475.jpg


かわいいワンコを見つけた。目の前でカメラ
を構えても知らん顔。無関心を装っておりま
した。カメラ慣れして飽きたのかもしれない


(Leica M-E / SUMMARIT-M f2.5/50mm)


b0344060_22583422.jpg


お正月を迎えるのでお肉を買いに来られて
いるのでしょう。店の人と対話をしながら
買い物をする。当たり前のことだが、だん
だん機会が少なくなっている。


(Leica M-E / SUMMARIT-M f2.5/50mm)
[PR]
by 85-f14 | 2014-12-31 23:00 | Tokyo | Comments(0)
#2 年の瀬という時間の概念がもたらすもの 2014.12.31
b0344060_22424685.jpg


昨夜は熱が出てなかなか寝れず珍しくテレビ
を付けたら東京センチメンタルっていう番組
をしていた。普段ならたぶん見ないと思うけ
ど主役の吉田鋼太郎氏がライカM9を持って
谷根千などを舞台に切ない恋をテーマにした
内容だったので見入ってしまった。

自分の姿に重ね合わせているボクがいた。



(Leica M-E / SUMMARIT-M f2.5/50mm)



b0344060_22481165.jpg


月島に来たら「もんじゃ」を食べないと・・。
でも1人なんでどうしようかと、しばらく悩
んでいたけど意を決してお店に入った。

家族やカップルがたくさんいて、そしてさら
にメニューの多さと焼き方もわからないので
なんだか気まずい。そんなボクをみて女将さ
んが親切に説明しながら焼いてくださった。

とてもおいしかった。今度は自分で焼かない
といけないな。


(Leica T(Typ701) / Voigtlander COLOR SKOPAR P-typ35mmF2.5C)


b0344060_22514097.jpg


好きな写真を撮ってテンションが上がってい
るけど熱も上がってきたみたい。頭痛がだん
だんひどくなってきて寒気もする。

また薬局によってアンプルを少々奮発して一
番効きそうなものをセレクト。プラシーボか
もしれないけど少し楽になった。


(Leica T(Typ701) / Voigtlander COLOR SKOPAR P-typ35mmF2.5C)
[PR]
by 85-f14 | 2014-12-31 22:54 | Tokyo | Comments(0)
#1 年の瀬という時間の概念がもたらすもの 2014.12.31
b0344060_22324397.jpg


今年も今日で終わり。そんな日の朝から風邪
気味でなかなか布団から出れなかった。

風邪薬を途中で飲んで月島に出掛けた。今回
は路地ばかりを求めて写真を撮りためている
が月島の路地はディープだった。

それにしても珍しく、くしゃみが止まらない。

帰りの新幹線の中で暇だったのでPCを出し
てRAW現像をして過ごしたので京都までの
道のりはあっという間だった。


(Leica M-E / SUMMARIT-M f2.5/50mm)



b0344060_2236049.jpg


なんという美しい光景だろう。そう思うのは
たぶん僕だけではないと願う。ファインダー
を覗きながら、シャッターを切りながら思う
今日は年末、明日からは新しい年になるのだ
と・・・ボクも新しい何かを求めるのか?


(Leica T(Typ701) / Voigtlander COLOR SKOPAR P-typ35mmF2.5C)


b0344060_22391656.jpg


古い建物と新しいマンション。同じ土地の
混在しているが同じ時間の概念ではないの
ではないのかもしれない。


(Leica T(Typ701) / Voigtlander COLOR SKOPAR P-typ35mmF2.5C)
[PR]
by 85-f14 | 2014-12-31 22:42 | Tokyo | Comments(0)
#8 喉の痛みと歩いた距離と進んだ時間 2014.12.30
b0344060_2139225.jpg


今回の旅は本来のボクを少し取り戻してくれ
た気がする。「時間でしか解決できないもの」
それはたしかに存在する。

一度は嫌いになった東京。好きになれる気が
するのは気のせいだろうか。


(Leica M-E / JUPITER 3 50mm F1.5 L mount )


b0344060_21434569.jpg


公園内にはカップルが多い。いい雰囲気の
2人をみるとついシャッターを切ってしまう。

いつの日かボクにもそんな日がおとずれる
ことがあるだろうか。そんな光景を憧れるが
今のボクはまだ行動に移すことができない。

そんな人に出会うのは難しいのだろうか。


(Leica T(Typ701) / JUPITER 8 50mm F2 L mount )
[PR]
by 85-f14 | 2014-12-30 23:53 | Tokyo | Comments(0)
#7 喉の痛みと歩いた距離と進んだ時間 2014.12.30
b0344060_21302693.jpg


不忍池の蓮が枯れて遠くから見ると砂漠のよ
うに見えた。夏の緑豊かな時とはまた違った顔
を見せてくれる。冬のほうが好きだな。


(Leica T(Typ701) / JUPITER 8 50mm F2 L mount )



b0344060_2133359.jpg


なんともない場所を撮っているとよく人の視線
を感じる。不思議そうな顔をして見られること
が多い。今日もここを撮っていたら女の子の
グループが不思議そうな顔をしていた。

ニコッと笑ったらスマホを渡されて記念写真を
お願いされた。3枚ほど撮ってあげたら皆さん
「さすがカメラを持っている人の写真は違う」
って言ってくれたけど、あなたたちのスマホの
性能だよって思った。言ってないけどね。


(Leica T(Typ701) / JUPITER 8 50mm F2 L mount )
[PR]
by 85-f14 | 2014-12-30 23:43 | Tokyo | Comments(0)
#6 喉の痛みと歩いた距離と進んだ時間 2014.12.30
b0344060_21182215.jpg


夕刻にに向かう上野公園には、やわらかい光が
降り注いでいた。やさしさの感じられる瞬間とは
こういう光景みたいなことなんだろう。


(Leica T(Typ701) / JUPITER 8 50mm F2 L mount )



b0344060_2124475.jpg


ここには外国人がとても多い。国籍もさまざまだ。
何人かが集まるとそこでパーティーが始まる。

この光景だけ見ると海外みたいだ。


(Leica T(Typ701) / JUPITER 8 50mm F2 L mount )


b0344060_2127563.jpg


ポスター1枚だけではなく何枚も貼るとまるで
1つの作品のように見えてくるから不思議だ。


(Leica M-E / JUPITER 3 50mm F1.5 L mount )
[PR]
by 85-f14 | 2014-12-30 23:33 | Tokyo | Comments(0)
#5 喉の痛みと歩いた距離と進んだ時間 2014.12.30
b0344060_20523147.jpg


ゴトゴトとゆっくり、そして身体を揺らしながら
進んでいく電車。振動が意外に心地いい。

移りゆく景色を眺めながらボクに住んでいる
町とはやっぱり違うなと思っていた。


(Leica T(Typ701) / JUPITER 8 50mm F2 L mount )



b0344060_20562531.jpg


おばあちゃんの原宿、巣鴨も降りてみた。
本家の原宿より原色が多くて派手なような
気がする。若い人の少なさにびっくり!!



(Leica M-E / JUPITER 3 50mm F1.5 L mount )



b0344060_2115358.jpg


とげぬき地蔵はテレビで見たとおり長い列を
つくっていた。ボクもいろいろあった一年を振
り返って来年は静かに暮らせるようお願いを
してみた。大きな願いはないけど普通の生活
をしたいね。



(Leica T(Typ701) / JUPITER 8 50mm F2 L mount )
[PR]
by 85-f14 | 2014-12-30 23:16 | Tokyo | Comments(0)