<   2015年 10月 ( 40 )   > この月の画像一覧
#4 道記す光 2015.10.25
b0344060_1949332.jpg


夕方近くになり帰路はいつもと違う道で帰る
ことにした。知らない道は森を迷うかの如く
視点が定まらなくなる。窓から見えた景色に
目を奪われたが走っているので止まれず慌て
て引き返しコンビニで駐車場代の代わりとし
て珈琲を買って写真を撮りにいった。

荒れ果てたその場所は遊園地の跡地だった。
時間に置き去りにされ未だそのままになっ
ているようだった。西日が辺りを照らして
哀しさに溢れているようだった。


(Leica M (Typ 240) / Summarit L F=5㎝ 1:1.5)




b0344060_19573357.jpg


中に入れないのが非常に残念だ。取り壊さ
れることなく朽ちていくのを待っているだ
けなのだろうか。


(Leica M (Typ 240) / Summarit L F=5㎝ 1:1.5)




b0344060_19591792.jpg


なんだか今日は純粋に写真を楽しめた。

光に魅了された1日でもあった。帰り道に
見る光景が愛おしく日常的空間の良さを久
しぶりに陽の光を通して感じることができ
た。こんな日はよく眠れそうだ。


(Leica M (Typ 240) / Summarit L F=5㎝ 1:1.5)
[PR]
by 85-f14 | 2015-10-25 23:48 | Nara | Comments(0)
#3 道記す光 2015.10.25
b0344060_1940455.jpg


街の中にひっそり建つ教会。その入り口近く
にマリア像がある。通る度にお祈りをするこ
ともなく写真を撮らせてもらう。やさしく空
を見つめ祈る彼女は今日も宝石のように輝く。


(Leica M (Typ 240) / Summarit L F=5㎝ 1:1.5)



b0344060_19435546.jpg


ここも馴染みの場所。コントラストと彩度の
低い描写と午後の光の下ではまた違った光景
に映り実にファンタスティックだ。


(Leica M (Typ 240) / Summarit L F=5㎝ 1:1.5)




b0344060_19461267.jpg


ならまち付近はカフェがひっそりとそして数
多く存在する。その1つ1つを探して歩く人
も多い。そして楽しんだ後はこの女性のスマ
ホで外観も1枚といったとこでしょうか?


(Leica M (Typ 240) / Summarit L F=5㎝ 1:1.5)
[PR]
by 85-f14 | 2015-10-25 23:26 | Nara | Comments(0)
#2 道記す光 2015.10.25
b0344060_1932187.jpg


奈良は古看板が街のいたる所にある気がする。
それが家の外壁になっているように当たり前
のように収まっている。パズルピースがピッ
タリと合った時にように溶け込んでいた。


(Leica M (Typ 240) / Summarit L F=5㎝ 1:1.5)



b0344060_19351667.jpg


東大寺付近はさすがに人が多い。正倉院を開
催していたことも関係あるのだろう。もちろ
ん鹿も人の多いところに必然的に集まって来
ていた。

(Leica M (Typ 240) / Summarit L F=5㎝ 1:1.5)



b0344060_19371989.jpg


開放で撮るとソフトフォーカスになりコント
ラストも落ちる。ゾンネタールの写りにどこ
か似ているようだ。



(Leica M (Typ 240) / Summarit L F=5㎝ 1:1.5)
[PR]
by 85-f14 | 2015-10-25 23:10 | Nara | Comments(0)
#1 道記す光 2015.10.25
b0344060_196675.jpg


朝を待つことなく目が覚めた。そんな日は決
まって車で出掛けることにしている。高速を
使わずにゆっくり景色を眺めながら走らせる。

ならまちをSummaritをつけたライカを持っ
てのんびりと歩いた。評判通り解放では盛大
にフレア ゴーストが現れる。f4ぐらいま
で絞るとシャープになるが同時に味もなくな
る。柔らかさと硬さが同居したレンズだと思
う。欠点が美点なのだ。

真鍮の重みのある鏡胴をエイジングしていく
のが非常に楽しみなオールドレンズだ。

新たに装着したThumbs Upグリップが非常
にホールディングしやすく素晴らしい出来だ
った。休憩に入った喫茶店で珈琲を飲みなが
らライカME用にとネットストアで注文して
しまったぐらいお気に入りとなった。


(Leica M (Typ 240) / Summarit L F=5㎝ 1:1.5)



b0344060_19233859.jpg


この2枚はボクのお気に入りの場所だ。久し
ぶりに訪れると草が茂り写真を撮って道路に
戻るとひっつき虫がズボンにたくさん付着し
ていて取るのに一苦労した。



(Leica M (Typ 240) / Summarit L F=5㎝ 1:1.5)



b0344060_1928121.jpg


奈良に来たけど鹿にはまったく興味を感じな
い。昔は追いかけてたのが不思議なぐらいだ。

少しハイキー気味にしてみたけどカメラ女子
のようなふんわり写真には遠く及ばずだった。



(Leica M (Typ 240) / Summarit L F=5㎝ 1:1.5)
[PR]
by 85-f14 | 2015-10-25 22:59 | Nara | Comments(0)
#1 掃除機の行方 2015.10.24
b0344060_17495070.jpg


掃除機が突然動かなくなった。欲しいもので
はないが無くては困るのでネットで探してい
たらどうしたものかいつの間にかレンズを物
色していた。そんな時に限ってとんでもなく
程度のいいものを見つけてしまう。

勢いとは怖いもので掃除機プラスαの買い物
になってしまった。またタイミングの悪いこ
との以前頼んでいた物もあり今日だけで宅配
便が5つも同日に届く羽目になってしまった。

ズミクロン50mm前期の鏡胴固定は1958年
ものでOHレストア済。ズマリット1.5mm
の方は1951年製でレンズ前玉が柔らかいこ
とで知られているが再研磨されていないオリ
ジナル状態を保たれている上物だった。

日本のカメラメーカーの大三元望遠レンズが
軽く買えるほどの金額になってしまったがこ
れほどまで状態のいいレンズなので出費は致
しかたない。

ライカMのストラップのオーダー品とThum
bs Upグリップも勢いで購入したのでモチべ
ーションも上がると信じたい。肝心のレビュ
ーは明日にでもしてみます。


(α7 / SUMMICRON-M f2/50mm)

[PR]
by 85-f14 | 2015-10-24 22:48 | Camera equipment | Comments(0)
#2 眠りの川 2015.10.18
b0344060_22261351.jpg


仕事に行くときに鞄を必ず持って出かけるよ
うに休みの日はカメラを持ち出す。結果とし
て撮ることはなくても習慣化とボク自身の中
にあるちっぽけな流儀なのだろう。


(α7 /ELMARIT-M f2.8/28mm ASPH. 5th)



b0344060_2231129.jpg


この橋から電車を眺めることも習慣のひとつ
と言える。ボクが小さかった頃も祖父によく
連れてきてもらって飽きるまで見ていたそう
だ。昔との違いは電車を見るのではなく通り
過ぎる時の音を聞きに来ていることぐらい。


(α7 /ELMARIT-M f2.8/28mm ASPH. 5th)


b0344060_22343175.jpg


今日のこの場所は静かだった。自転車置き場
の明かりが遠くで光を放っている。そんな光
景を俯瞰するように眺めていた。


(α7 /ELMARIT-M f2.8/28mm ASPH. 5th)
[PR]
by 85-f14 | 2015-10-18 23:43 | Kyoto | Comments(0)
#1 眠りの川 2015.10.18
b0344060_2281949.jpg


昨日の疲れと億劫さで昼過ぎになるまで起き
上がることができなかった日曜日となった。

眠りの中で何度となく夢を見る。つぎの夢を
見た後にはその前の夢は忘れてしまっている。
眠りという川をゆらゆらと流れているようだ。

こんな日の時間の使い方はお決まりで隣りの
駅の喫茶店に本を持って逃げ込むかその周り
にある場所の写真を撮ること。またはその両
方なのだ。幾度となく通い詰めても飽きるこ
とはない空間はそこにはある。


(α7 /ELMARIT-M f2.8/28mm ASPH. 5th)



b0344060_2222686.jpg


歩きすぎた足の痛みは一日で消えてくれるこ
とはなかった。足を地面につける時はそっと
いたわるようにしないといけない。


(α7 /ELMARIT-M f2.8/28mm ASPH. 5th)



b0344060_22241522.jpg


ひんやりとしてきた夕方の空気は不思議と写
欲を掻き立ててくれた。


(α7 /ELMARIT-M f2.8/28mm ASPH. 5th)
[PR]
by 85-f14 | 2015-10-18 23:29 | Kyoto | Comments(0)
#3 点の街 2015.10.17
b0344060_102033.jpg


写真を撮ることより歩き回る時間が長かった
一日だった。1人で出掛けるのもいいが同じ
写真の趣味同士出掛けるのも悪くはない。

撮り終えたフィルムを駅近くの店に現像に出
すことでボクの休日が終わりを告げる。


(Nikon F3 HP/ Ai Nikkor 50mm F1.4S)
(FUJICOLOR SUPERIA X-TRA400)


b0344060_142481.jpg


商店街はどこにでもあるがその地域ごとの匂
いがありひとつとして同じものがないと思う。


(Nikon F3 HP/ Ai Nikkor 50mm F1.4S)
(FUJICOLOR SUPERIA X-TRA400)



b0344060_16823.jpg


今日はかなりの距離を歩いたようだ。
その証拠に足にマメができて歩きにくくて家
までの道のりが遠く感じられた。明日はあま
り遠くに行けそうもない。


(Nikon F3 HP/ Ai Nikkor 50mm F1.4S)
(FUJICOLOR SUPERIA X-TRA400)
[PR]
by 85-f14 | 2015-10-18 01:09 | Kyoto City | Comments(0)
#2 点の街 2015.10.17
b0344060_0522571.jpg


ここ何年も訪れていなかった金閣寺。久し振
りに足を運んでその姿をあらためて見た感想
は正直驚きだった。午後の光を身にまとった
金閣寺はやさしくて神々しくもあった。


(Nikon F3 HP/ Ai Nikkor 50mm F1.4S)
(FUJICOLOR SUPERIA X-TRA400)



b0344060_0564382.jpg


外国人から見る日本の文化はとてもクールに
映るのだそうだ。


(Nikon F3 HP/ Ai Nikkor 50mm F1.4S)
(FUJICOLOR SUPERIA X-TRA400)


b0344060_0583812.jpg


ボクにはこういう光景のほうがクールに映る
と思うのだが。


(Nikon F3 HP/ Ai Nikkor 50mm F1.4S)
(FUJICOLOR SUPERIA X-TRA400)
[PR]
by 85-f14 | 2015-10-18 00:59 | Kyoto City | Comments(0)
#1 点の街 2015.10.17
b0344060_0281736.jpg


よく訪れる京都の街だがまだまだ知らない場
所も存在することに友人と今日歩いてみて気
付かされた。いつも通る道から一歩足を踏み
入れると随分と新鮮な気持ちになれた。

その中でも通った場所もたしかに存在はして
いるが全てではない。そんな中でもここはボ
クにとって大切なお気に入りの場所でもある。


(Nikon F3 HP/ Ai Nikkor 50mm F1.4S)
(FUJICOLOR SUPERIA X-TRA400)



b0344060_0391073.jpg


どれだけの月日を経過したのだろうか。
雨風にさらされたであろう年代物の水筒がと
ても愛おしく思える。月日の流れにはどれだ
けあがいても逆らうことはできないのだろう。


(Nikon F3 HP/ Ai Nikkor 50mm F1.4S)
(FUJICOLOR SUPERIA X-TRA400)


b0344060_0422734.jpg


今日はさまざまな場所を歩き回った。
団地を流れる時間はとてもゆっくりとそして
どこまでも濃密だった。


(Nikon F3 HP/ Ai Nikkor 50mm F1.4S)
(FUJICOLOR SUPERIA X-TRA400)
[PR]
by 85-f14 | 2015-10-18 00:46 | Kyoto City | Comments(0)