<   2016年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧
#3 醤油 < 路地 2016.2.28
b0344060_2236995.jpg


午後を廻り気怠い時間が訪れる頃になると
その気持ちに同調してか気温が上がり出した。

商店街の時計店にあった温度計が17℃の表示
を示す。着ている服を一枚脱ぐと少し軽やか
になったのが幸いだ。


(Nikon F3 HP/ Ai Nikkor 50mm F1.4S)
(Kodak Gold 200)


b0344060_22405293.jpg



(Nikon F3 HP/ Ai Nikkor 50mm F1.4S)
(Kodak Gold 200)


b0344060_2241999.jpg


和歌山の小さな旅はこれで終了。

帰りは疲れているので高速で一気に家に向か
う。フィルムを現像に出している間は車中で
居眠りをして待つことにした。微睡の中でも
山道を走っていた。どこの灯台に向かってい
たのだろう。


(Nikon F3 HP/ Ai Nikkor 50mm F1.4S)
(Kodak Gold 200)
[PR]
by 85-f14 | 2016-02-28 22:44 | Wakayama | Comments(0)
#2 醤油 < 路地 2016.2.28
b0344060_22295551.jpg


写真を撮りに行くときはどのカメラを持って
出掛けるか悩んでしまう。どのカメラも寂し
い思いをさせないようにローテーションさせ
ている。でもM-Eを持っている時が多いこと
に気付いた。


(Leica M-E / Voigtlander NOKTON classic 40mm /F1.4 VM SC)


b0344060_2234735.jpg



(Leica M-E / Voigtlander NOKTON classic 40mm /F1.4 VM SC)


b0344060_22341969.jpg


古びた路地や建物はボクを魅了してやまない。


(Leica M-E / Voigtlander NOKTON classic 40mm /F1.4 VM SC)
[PR]
by 85-f14 | 2016-02-28 22:35 | Wakayama | Comments(0)
#1 醤油 < 路地 2016.2.28
b0344060_22222895.jpg


醤油の町湯浅に立ち寄った。古くは江戸時代
から続く醸造業が発達した町だ。観光に訪れ
る人も多いかと思ったが以外に少ない。

日曜日の醤油の町は静かな時間が流れていた。


(Nikon F3 HP/ Ai Nikkor 50mm F1.4S)
(Kodak Gold 200)


b0344060_22263817.jpg


ここを訪れるのは二度目だがまったくもって
古い醤油の倉には興味がない。漁港独特の古
い倉庫や路地にどうしても目がいってしまう。


(Leica M-E / Voigtlander NOKTON classic 40mm /F1.4 VM SC)



b0344060_22285266.jpg



(Nikon F3 HP/ Ai Nikkor 50mm F1.4S)
(Kodak Gold 200)
[PR]
by 85-f14 | 2016-02-28 22:29 | Wakayama | Comments(2)
#3 時速20㎞の0番線 2016.2.28
b0344060_2285549.jpg


歩き始めるといつも通り音楽を聴く。今日の
セレクトはメタリカ。重厚なバスドラムの音
がヘッドフォンに響いている。その中でも好
きなのは「ONE」なんどもリピートする。


(Leica M-E / Voigtlander NOKTON classic 40mm /F1.4 VM SC)



b0344060_2213078.jpg



(Leica M-E / Voigtlander NOKTON classic 40mm /F1.4 VM SC)



b0344060_22131112.jpg


毎朝ここから電車に乗るだけで賢くなれそう
な駅名だった。ご利益がありそうだ。


(Leica M-E / Voigtlander NOKTON classic 40mm /F1.4 VM SC)
[PR]
by 85-f14 | 2016-02-28 22:14 | Wakayama | Comments(0)
#2 時速20㎞の0番線 2016.2.28
b0344060_2214199.jpg


今日の小さな電車旅は歌が流れていた。

ボクを含めて2人だけになった車内で流れる
歌はなんという曲だろう。それを歌っている
目の前の人に聞かなければそれはわからない。


(Nikon F3 HP/ Ai Nikkor 50mm F1.4S)
(Kodak Gold 200)


b0344060_2252411.jpg



(Nikon F3 HP/ Ai Nikkor 50mm F1.4S)
(Kodak Gold 200)


b0344060_2254718.jpg


線路沿いを歩きながら来た方向へ戻っていく。

途中で駅を見つけると入ってベンチに座って
休憩をする。電車はそう多くないから邪魔に
はならない。


(Leica M-E / Voigtlander NOKTON classic 40mm /F1.4 VM SC)
[PR]
by 85-f14 | 2016-02-28 22:07 | Wakayama | Comments(0)
#1 時速20㎞の0番線 2016.2.28
b0344060_2152558.jpg


御坊駅から紀州鉄道というローカル線が出て
いるので乗車した。たったの数駅だがゆっく
りと振動を立てて田舎道を進んでいく。

そして寝る間もなく終着駅に滑り込んだ。


(Nikon F3 HP/ Ai Nikkor 50mm F1.4S)
(Kodak Gold 200)


b0344060_21563719.jpg


ここからは歩いて戻ることにした。日曜日だ
というのに駅前から延びる商店街にはだれも
いない。あるのは音を立てて廻る扇風機と魚
だけだった。


(Nikon F3 HP/ Ai Nikkor 50mm F1.4S)
(Kodak Gold 200)


b0344060_2159858.jpg


田舎道を歩くと様々なものにも出会う。
ビニールハウスもよく見ると色々な形があり
なかなか興味深い。


(Leica M-E / Voigtlander NOKTON classic 40mm /F1.4 VM SC)
[PR]
by 85-f14 | 2016-02-28 22:00 | Wakayama | Comments(0)
#1 ワインディングの工程 2016.2.28
b0344060_21223582.jpg


遠くに出掛けたかった。セレクトする場所も
もちろんだがその工程はもっと意味深いもの
あると思っている。

深夜の静かな山道にあるカーブが多ければ
多いほど気持ちが穏やかになっていくようだ。

訪れた日ノ御埼灯台の見える駐車場からみる
光景は最果ての岬のような空気感だった。


(Nikon F3 HP/ Ai Nikkor 85mm F2)
(Kodak Gold 200)



b0344060_21374497.jpg


夜が明けるのを車中でダウンに包まり待った。

周りが明るくなり初めて通ってきた道が目の
前に広がる。眠気と寒さが同時にやってくる。


(Leica M-E / Voigtlander NOKTON classic 40mm /F1.4 VM SC)


b0344060_21405377.jpg


灯台までの道を下っていく。早朝なので誰も
いない場所。灯台のフォルムはひとつひとつ
違いがある。詳しいことはわからないがこう
して目の前で見上げるとまた行きたくなる。


(Nikon F3 HP/ Ai Nikkor 50mm F1.4S)
(Kodak Gold 200)


b0344060_214452100.jpg


駐車場の近くに朽ち果てた遊園地にあるよう
なモノレールがあった。この場所にピッタリ
な素晴らしき遺産だ。


(Leica M-E / Voigtlander NOKTON classic 40mm /F1.4 VM SC)
[PR]
by 85-f14 | 2016-02-28 21:46 | Wakayama | Comments(0)
#2 保護された街 2016.2.21
b0344060_19115471.jpg


寒い日だが差し込む光は強く眩しさを伴う。

道を少しされた先に古き良き時代の面影を
残す団地を見つけた。このまま残しておい
てほしい。午後の静寂が辺りを包み込んで
いて深海を彷徨うようだ。

(Leica M (Typ 240) / Summilux-M f1.4/50mm 2nd)


b0344060_1916411.jpg


京都駅に向かう電車から前にスナップした
ことのある材木店が見えた。窓から見てい
た景色を数時間後ファインダーで覗くのは
不思議な気分だ。


(Leica M (Typ 240) / Summilux-M f1.4/50mm 2nd)


b0344060_19162338.jpg


駅前の本屋に寄って目の前にあるパン屋で
本を広げる。これがいつもの時間の使い方。


(Leica M (Typ 240) / Summilux-M f1.4/50mm 2nd)

[PR]
by 85-f14 | 2016-02-21 23:51 | Kyoto City | Comments(0)
#1 保護された街 2016.2.21
b0344060_1913935.jpg


京都駅周辺で用事を済ませ喧噪の中から抜け
出し線路沿いに歩く。今日は風が強く冷たい。

小さな高架下には二人の足音が反響していた。


(Leica M (Typ 240) / Summilux-M f1.4/50mm 2nd)


b0344060_1972673.jpg


この道は人や車と出会うことが少ない場所。
各地に運ばれる貨物がうず高く積まれていた。



(Leica M (Typ 240) / Summilux-M f1.4/50mm 2nd)


b0344060_19103466.jpg




(Leica M (Typ 240) / Summilux-M f1.4/50mm 2nd)
[PR]
by 85-f14 | 2016-02-21 23:40 | Kyoto City | Comments(0)
#2 本と眼鏡と400円 2016.2.14
b0344060_22215151.jpg


厚くうねりのある雲が景色を圧縮し遠くの山
と同化しそうな光景が好きだ。大きな木の枝
がやさしく風に揺れていた。


(Leica M-E / MS-Optical CONTAX Planar T*35mm F2G M)



b0344060_22275719.jpg


MSオプティカルで改造したレンズ コンタッ
クスGプラナーはシャープだがその一方で儚
げな印象を受ける。


(Leica M-E / MS-Optical CONTAX Planar T*35mm F2G M)


b0344060_22354220.jpg


曇り空の日曜日、夕方ともなれば人通りは少
なく閑散としている。ましてやカメラを持っ
て歩いているのはボクぐらいなものだ。


(Leica M-E / MS-Optical CONTAX Planar T*35mm F2G M)
[PR]
by 85-f14 | 2016-02-14 22:40 | Kyoto | Comments(0)