<   2016年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧
#2 眠りの指定席 2016.3.27
b0344060_21144395.jpg


時間の感じ方はその時々で変化する。
この7日間はどうだっただろう。

(GR II)


b0344060_21172552.jpg


この辺りは舗装されていない道が多く歩く
度に砂利を踏みしめる音がして心地よい。

洗濯物や昼ごはんの匂いと生活を感じる音
が聞こえてくる。


(GR II)



b0344060_21222999.jpg


天気がよく車の窓を開けてシートを倒すと
自然に瞼が重くなる。そんな一日だった。


(GR II)
[PR]
by 85-f14 | 2016-03-27 21:24 | Kyoto | Comments(0)
#1 眠りの指定席 2016.3.27
b0344060_20572845.jpg


昼から雨の予報。手ぶらでカメラをポケット
入れて歩いたが青空が広がり気温も高かった。

昨日は中途半端な時間に寝てしまったからな
のか時差ボケのようで浮遊感が纏わりつく。

対岸の小さな町は過ぎ行く時間が錆びついた
ように止まっていた。


(GR II)


b0344060_2194660.jpg


すっかりGRはモノクロ専用機になってしま
っている。粒子の粗さがボク好みなのだ。


(GR II)



b0344060_21114243.jpg


廃墟のような場所が点在する。カビと埃の臭
いが時間の経過を物語っている。


(GR II)



b0344060_21136100.jpg


袋小路が多くいきたい場所が目の前にあるが
容易く辿りつくことができない。


(GR II)
[PR]
by 85-f14 | 2016-03-27 21:14 | Kyoto | Comments(0)
#3 Good morning strap 2016.3.21
b0344060_22425215.jpg


よく歩く場所に置かれている木製のベンチ。
飾り気のないからだろう誰かが一輪挿しに
花を飾ってくれていた。色彩のある光景が
いつもの場所とは違った。

(GR II)


b0344060_22504928.jpg


新しく高架橋ができるのだろうか。随分前
にも同じことを思った。1年後には同じこと
を考えることはきっとないだろう。


(GR II)


b0344060_2253862.jpg


帰りに駅ビルの喫茶店で珈琲を飲んでいた。
老夫婦がとなりに座り話をしていたが随分と
疲れた様子だった。地方から観光に来たよう
で人の多さに辟易したようだ。

やさしい抑揚で話す言葉が妙に心に沁みる。


(GR II)
[PR]
by 85-f14 | 2016-03-21 23:01 | Kyoto City | Comments(0)
#2 Good morning strap 2016.3.21
b0344060_22312546.jpg


「光」「灯」「明かり」どれも目の前を照らし
続けてくれる存在だが感じる温度が違うと思う。

目の前の光景はどうなのだろう。


(GR II)



b0344060_22364510.jpg


休日の朝は緩やかに何事もなかったように時間
は過ぎていく。陽を浴びた洗濯物からいい匂い
がしている。


(GR II)



b0344060_2240786.jpg


最近はあまり歩いていないからなのだろう今日
はとても足が痛い。靴の相性も悪かったのかも
しれない。それでも歩き廻ってしまう。


(GR II)
[PR]
by 85-f14 | 2016-03-21 22:41 | Kyoto City | Comments(0)
#1 Good morning strap 2016.3.21
b0344060_2291585.jpg


昨日車内で寝過ぎたからだろう。夜が明けき
らない内に目覚めた。身体のあちこちが痛い。

早朝の電車は空いていた。駅構内の喫茶店で
朝食を食べて時間を潰して店が開くのを待っ
てGRのストラップとフィルムを買い求めた。

光差す風の冷たい街を観光客とは逆の方向に
向かって歩く。ボクの好きな場所だ。


(Leica M (Typ 240) / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible)



b0344060_22235947.jpg


ズミクロンがオーバーホールから2カ月半を
経て戻ってきた。ヘリコイドのグリスも随分
スムーズになりいい仕事をしてもらえた。

そんなレンズで撮ると何かが違うようだ。


(Leica M (Typ 240) / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible)


b0344060_22273100.jpg


開放で撮ると滲みが綺麗に出てくれるよう。
天気が良いので油断をして薄着で出てきて
しまったので日陰は辛い。


(Leica M (Typ 240) / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible)
[PR]
by 85-f14 | 2016-03-21 22:30 | Kyoto City | Comments(0)
#2 現世の町 2016.3.20
b0344060_2234484.jpg


車の中からみる光景は現実性が薄まる。
通り過ぎるだけでは記憶として残りに
くいからに違いない。

(GR II )



b0344060_22342830.jpg


こんなに遠くに来たのに写真は数枚。
M6も持って来たが結局一度も巻き上げる
ことは無かった。

きっと今日は写真を撮ることではなく車を
走らせることが目的だったと思う。何度も
シートを倒して微睡む時間もいつもより多
かったように思える。

(GR II )
[PR]
by 85-f14 | 2016-03-20 22:43 | Fukui | Comments(0)
#1 現世の町 2016.3.20
b0344060_22191636.jpg


灯台のある場所に無性に行きたくなる。

朝方に着いて明るくなる海を車の中から眺め
るのが好きだ。小さな目的地を目指すことに
きっと意味があるのだろう。


(GR II )



b0344060_22274110.jpg


目的地の半島へ向かう橋は同時に原発へと延
びる橋でもある。波と風の音しかしない静か
な赤礁埼灯台のある公園と警備員のいる物々
しいゲートが同じ陽の下で同居している。


(GR II )
[PR]
by 85-f14 | 2016-03-20 22:33 | Fukui | Comments(0)
#1 Editionの光 2016.3.18
b0344060_2259036.jpg


歴代のGRを使用しているが基本コンセプト
は変わっていないように思える。頭で考えず
思うがままに撮る。そんなカメラなのだ。

シルバーの色味が銀塩を彷彿とさせるGR。


(α7 / Voigtlander NOKTON classic 40mm /F1.4 VM SC)
[PR]
by 85-f14 | 2016-03-18 23:23 | Camera equipment | Comments(0)
#2 3月の流儀 2016.3.13
b0344060_0334424.jpg


いつもの喫茶店に行かずに自動販売機で珈琲
を買って飲んだ。駐車場の前を通り抜ける電
車から吹く風が冷たく身体の中に入り込んで
くるようだ。


(α7 /Summitar L 5cm F2)



b0344060_041530.jpg


ズミタールの開放は周辺が流れる傾向にある
ようだ。個体差なのだろうかは詳しくはわか
らない。写りはこのレンズにしか出せない。


(α7 /Summitar L 5cm F2)
[PR]
by 85-f14 | 2016-03-14 00:47 | Kyoto | Comments(0)
#1 3月の流儀 2016.3.13
b0344060_0182538.jpg


毎年この時期になると忘れずにやって来る花
粉症に悩まされている。家に居ても外に出掛
けても同じだ。熱っぽくなり頭の中が霞むよ
うな感覚になる。今日はそれが特にひどい。

風はまだ冷たいが春を感じさせる匂いが辺り
に散らばりボクを苦しめる。


(α7 /Summitar L 5cm F2)



b0344060_029428.jpg


この時期は写欲がわかない。

ただ眠気のみが頭を支配するようだ。写真を
撮ることが毎日を繋ぎとめる術であるかのよ
うに自己制御するためのものになっている。



(α7 /Summitar L 5cm F2)
[PR]
by 85-f14 | 2016-03-14 00:33 | Kyoto | Comments(0)