<   2016年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧
#3 海苔巻きは憂いの海 2016.5.29
b0344060_2074325.jpg


コンパクトカメラのGRをサブで持っていく
ことが多いが相変わらずカラーでは撮らない。

簡単に撮れる分色彩を失くしたいという想い
が強いのだと思う。


(GR II)



b0344060_20125236.jpg


車をあだし野念仏寺に止めたので帰りに立ち
寄った。西院の河原の無縁仏の数には圧倒さ
れる。濃厚な空気感が漂う。

浄土と現世を繋ぐ永久の場所なのだろう。


(GR II)



b0344060_20191777.jpg



(GR II)
[PR]
by 85-f14 | 2016-05-29 23:15 | Kyoto City | Comments(0)
#2 海苔巻きは憂いの海 2016.5.29
b0344060_201286.jpg


雨の寺を歩きたかったが予報とは違って雨は
降らず陽が差している。そんな空を見ている
と海苔巻きが無性に食べたくなった。


(Leica M-E / Voigtlander NOKTON classic 40mm /F1.4 VM SC)




b0344060_204764.jpg




(Leica M-E / Voigtlander NOKTON classic 40mm /F1.4 VM SC)



b0344060_204271.jpg


ここを通る度にシャッターを落とす。
観光地より好きな場所だ。


(Leica M-E / Voigtlander NOKTON classic 40mm /F1.4 VM SC)
[PR]
by 85-f14 | 2016-05-29 22:57 | Kyoto City | Comments(0)
#1 海苔巻きは憂いの海 2016.5.29
b0344060_19473839.jpg


昨夜テレビで明日は雨だと言っていた。

巻き戻した映像を見ているようにこの時期は
躰が気怠い。去年の自分の幻影を追うように
祇王寺に出掛けたくなった。


濃密な深緑の海に沈むように心が落ちていく
ことは悪い気分ではなく心が解されるようだ。



(GR II)



b0344060_19572922.jpg


風が通り抜ける竹林を歩くと気持ちが軽くな
っていく。人がいないのもいい。


(GR II)
[PR]
by 85-f14 | 2016-05-29 22:47 | Kyoto City | Comments(0)
#1 渋滞十字軍 2016.5.28
b0344060_2319533.jpg


朝から鳥の騒がしい鳴き声で目覚めて外に
出るとツバメが巣作りをしていた。どおり
でここ数日ボクの車に泥が点のようについ
ているわけだと納得した。

なんとなく高速に乗り滋賀県に来たが特に
行く場所もなく雨模様で渋滞した道を進む。

残像のように続く車列に並んでいる時間も
昔のように苛立ちもなく待ち続けるだけだ。



(GR II)
[PR]
by 85-f14 | 2016-05-28 23:31 | Shiga | Comments(0)
#2 31℃の指定席 2016.5.22
b0344060_19305113.jpg


若い時から肩こりが付き纏う。
今日は首が少し痛む。宥め賺かせて上手く付
き合っていくしかないと諦めるしかないのだ。


家から一駅分の距離のこの場所は何度も訪れ
ているが飽きることはない。今日もそのスケ
ジュールに沿ってカメラ片手に時間をつぶず。



(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)


b0344060_19352877.jpg
以前にもここの影を撮ったことがある。
気がつけばまた同じ影を見ている。

ボクの中に存在する何かが立ち止まらせる。

(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)




b0344060_19392412.jpg


ロシア製コピーレンズのJUPITERは逆光で
開放で撮ると白昼夢の中を彷徨っているよ
うな妙を感じられるレンズたと思う。


(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)

[PR]
by 85-f14 | 2016-05-22 22:35 | Kyoto | Comments(2)
#1 31℃の指定席 2016.5.22
b0344060_19212894.jpg


日曜日の午後に限ったことではないが喫茶店
で過ごすことが多い。今日はいつもの場所が
埋まっていてもう一つの指定席に座る。

ボクの前の席では流暢な英語が飛び交い外国
のカフェにいるような気分になる。絵本の中
にいるような感覚だ。


(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)



b0344060_19271767.jpg


気温を確認すると30℃を越え車の屋根から
陽炎がゆらゆらと昇る。


(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)


b0344060_1929770.jpg



(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)
[PR]
by 85-f14 | 2016-05-22 22:12 | Kyoto | Comments(0)
#4 失意の楽園 2016.5.21
b0344060_22413399.jpg


この素晴らしき光景の余命はどのぐらいある
のだろうか。沈痛の潜む楽園は悲しさで溢れ
ている湿地帯のようだ。


(Leica M6 / Summar L 5cm F2)
(Lomography Color Negative 100 )


b0344060_22465063.jpg



(Leica M6 / Summar L 5cm F2)
(Lomography Color Negative 100 )



b0344060_22471535.jpg


夕方になり光が一巡する時間へと進んでいく。

路地に立ち並ぶ家を目の前に不変であること
の容易さと難しさが転がっているように感じ
られる。どちらか一方に偏ることも安易に容
認することもできないのだろう。

(Leica M6 / Summar L 5cm F2)
(Lomography Color Negative 100 )
[PR]
by 85-f14 | 2016-05-21 22:58 | Kyoto City | Comments(0)
#3 失意の楽園 2016.5.21
b0344060_22325929.jpg


彼のカメラはSONY製だ。
純正でカールツァイツという立派なレンズが
あるにも関わらず果敢にもオールドライカを
使用している。今日も2人してレンズ談議に
花を咲かてはまだ見ぬレンズに想いを馳せる。

互いに撃ち合い勝つのはどちらだ。


(Leica M6 / Summar L 5cm F2)
(Lomography Color Negative 100 )



b0344060_2238309.jpg




(Leica M6 / Summar L 5cm F2)
(Lomography Color Negative 100 )


b0344060_22385055.jpg


久しぶりにフィルムカウンターの進む速度が
速い。写欲が湧くのを身体で感じられる。


(Leica M6 / Summar L 5cm F2)
(Lomography Color Negative 100 )
[PR]
by 85-f14 | 2016-05-21 22:41 | Kyoto City | Comments(0)
#2 失意の楽園 2016.5.21
b0344060_22264724.jpg


知り尽くした京都の街の中にも知らない
場所も存在することを歩くことで感じる。

シャッター速度を稼げないM6だが光の
弱い場所では開放でフレアを纏わせてみたい。


(Leica M6 / Summar L 5cm F2)
(Lomography Color Negative 100 )

b0344060_22303027.jpg



(Leica M6 / Summar L 5cm F2)
(Lomography Color Negative 100 )



b0344060_22302324.jpg


フィルムを現像してみて驚きの一枚が見つか
ることもある。それが楽しみのひとつなのだ。


(Leica M6 / Summar L 5cm F2)
(Lomography Color Negative 100 )
[PR]
by 85-f14 | 2016-05-21 22:32 | Kyoto City | Comments(0)
#1 失意の楽園 2016.5.21
b0344060_2272756.jpg


琴線に触れる場所に出会えることが幸運な
ことだと思う。友人に誘われそこへ向かう。

京都中央市場は通過したことはあるが一筋
中に入ると休日ということもあり湿度が纏
わりつき雨の匂いのする場所でもある。


(Leica M6 / Summar L 5cm F2)
(Lomography Color Negative 100 )



b0344060_22241171.jpg



(Leica M6 / Summar L 5cm F2)
(Lomography Color Negative 100 )



b0344060_2224347.jpg


蛍光灯が老眼気味の目に滲みをもたらす。
時折光の放つノイズが静かに耳の奥に届く。


(Leica M6 / Summar L 5cm F2)
(Lomography Color Negative 100 )
[PR]
by 85-f14 | 2016-05-21 22:26 | Kyoto City | Comments(0)