#3 招かれざるもの 2014.9.28
b0344060_23175916.jpg


時間は午前から午後へ。移り行く時間を経て
太陽の光も変化していき朝とは違う顔を見せ
てくれている。

ウエストレベルよりさらに下から撮るとまた
違った景色に見えるのが不思議です。犬や猫
がみた景色がこんな風に映るのかな。


(FUJIFILM X-Pro1 / METABONES / SUMMARIT-M f2.5/35mm)



b0344060_23212219.jpg


BIWAKOビエンナーレのテーマが「泡沫
UTAKATA」ドイツの詩人ゲーテも「こ
の世のすべてのものは、泡沫にすぎない
」と言っていた。はかなく消えやすいも
のだから美しい一瞬をみせてくれるので
しょう。

ゲーテはこんな言葉も残している。
「自分を信じる事ができたら、いい生き
方もできる」ってボクも、もっと自分や
人を信じることをしないといけないな。

(RICOH GR)


b0344060_2327620.jpg


会場が点在しているのでたくさん歩いて
回った。さまざまな伝えたいことを作品
にして来場者に訴えてくる。感じ方は人
さまざまだけど感じようとすることに意
味があるように思える。この観覧車ボク
はゴンドラよりフレームが気に入った。


(RICOH GR)
[PR]
# by 85-f14 | 2014-09-28 23:33 | Shiga | Comments(0)
#2 招かれざるもの 2014.9.28
b0344060_231171.jpg


白黒はっきりさせたい性格のボク。今日電話
で相談した人にもいわれた。すぐに結論を出
したがるって。白と黒の間の色もあることを
最近知りました。すぐに結論結末を知りたが
ることに関してはどうすればいいのか未だに
わかりません。

心地よい風と少し埃の臭いのある縁側に置か
れた碁盤をみて電話越しに言われた言葉を自
分の中で整理し、そしてその人に勧められた
音楽を聞いてその歌詞の意味を考えた。


(Leica M-E / Carl Zeiss Planar T* 2.0/50 ZM)




b0344060_2371368.jpg


真っ暗な部屋に現れた宇宙船の一部のような
明るい光。いろいろなアートがあるものです

ボクの頭の中にいつも唐突に現れるフラッシ
ュバックを具現化したみたいです。悪い薬は
やってませんよ。記憶という名のフラッシュ
なのです。


(RICOH GR)


b0344060_23105519.jpg


最近はあまり連れて歩かないX-Pro1も一緒に
連れてきました。レンジファインダーに慣れ
てしまうとEVFが見難くなってしまう。でも
拡大ができるのがアドバンテージかな。

アート作品を展示していたcafeでのスナップ
というわけで今日は3台持ち。重かった。


(RICOH GR)
[PR]
# by 85-f14 | 2014-09-28 23:16 | Shiga | Comments(0)
#1 招かれざるもの 2014.9.28
b0344060_22164535.jpg


色々あった一か月が過ぎようとしている。
ボクにはとても長い長い時間だったよう
に感じられる一か月だった。

旅行に行ったりして気持ちが落ち着くこ
とができたけど先週末の夕方、急に襲っ
てきた空虚感が今日もまだ続いている。

今まではブログに自分の心の中の気持ち
を書くことがなかったけど、こうして文
字にしてみることであらためて自分とい
う人間を客観的に見ることができた。


今日は「BIWAKOビエンナーレ」が近江
八幡であったので電車で出かけてみた。
静かな雰囲気とボクの空虚感がシンクロ
していたようです。


(Leica M-E / Carl Zeiss Planar T* 2.0/50 ZM)



b0344060_2249160.jpg


カメラは変わっても写真を撮ることは変わず
続けているけどボク自身も撮るものに変化が
みられると思う。ひとことでいうと暗い写真
が多いかな。影や光に惹かれてしまう。


(Leica M-E / Carl Zeiss Planar T* 2.0/50 ZM)



b0344060_22521495.jpg


こんなところでつれるのかなと思ってしばら
く眺めていたら見事ヒット。タイミングも素
晴しかった。物事を見極める力、必要だな。


(FUJIFILM X-Pro1 / METABONES / SUMMARIT-M f2.5/35mm)
[PR]
# by 85-f14 | 2014-09-28 22:54 | Shiga | Comments(0)
#3 甘い果実と衝動、時々Leica  2014.9.26
b0344060_224776.jpg


よく見るとなんだか大きな岩山に見えて
くる。この崖を登れば大きな何かをこえ
ることができるかもしれない。



(Leica M (Typ 240) / Carl Zeiss Planar T* 2.0/50 ZM)



b0344060_22491075.jpg


彼岸花もそろそる終わりの時期。大きく
開いた花は蜘蛛のように迫ってくる。

季節の花で終わり行く光景を見ていると
切なくなるけど匂いがないのがいい。
咲き始めた金木犀はいい香りだけどいろ
んなことを思い出してしまうのです。

視覚、聴覚、触覚、味覚とあるけど嗅覚
が今のボクにはいちばん訴えかけてくる


(Leica M (Typ 240) / Carl Zeiss Planar T* 2.0/50 ZM)
[PR]
# by 85-f14 | 2014-09-26 22:56 | Kyoto | Comments(0)
#2 甘い果実と衝動、時々Leica  2014.9.26
b0344060_22362968.jpg


途中下車して久しく訪れていない場所へ珈琲
を飲みに行った。1人で本とカメラをもって
ひとしきり写真を撮った後、ゆっくりするの
が好きだった。変わらずいつもの顔がボクを
迎えてくれた。

美術館は今日は中に入らずダダで外からガラ
ス越しに。木々の映り込みがきれいだった。



(Leica M (Typ 240) / Carl Zeiss Planar T* 2.0/50 ZM)



b0344060_22403732.jpg


いつもの場所っていうのはとても安心できる
通り慣れた道やいつも玄関先で寝ている犬、
踏み切りの音。いつまでもこのままで・・。


(Leica M (Typ 240) / Carl Zeiss Planar T* 2.0/50 ZM)



b0344060_22435639.jpg


通称、油の神様って言われている八幡宮。
とてもかわいい胡麻油の缶を見つけた。
こんな缶だったら家に持って帰りたいな



(Leica M (Typ 240) / Carl Zeiss Planar T* 2.0/50 ZM)
[PR]
# by 85-f14 | 2014-09-26 22:46 | Kyoto | Comments(0)