タグ:Mirrorless ( 241 ) タグの人気記事
#2 鉄柵バランサー 2017.6.11
b0344060_18551481.jpg


ロシアレンズのジュピターはアルファに装着
することが多い。開放値が同じズマリットの
ようで彩度が抜け、白昼夢のような儚さを持
ち合わせたレンズだ。


(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)


b0344060_1933522.jpg


フェンス越しに見る光景はどこか傍観者的
視点であり、物事に適度な距離を取ること
で自分自身を防御しているボクの性格を表
しているようだ。


(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)



b0344060_197141.jpg




(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)
[PR]
by 85-f14 | 2017-06-11 23:47 | Kyoto | Comments(0)
#1 鉄柵バランサー 2017.6.11
b0344060_18384854.jpg


ボクにしては珍しいことで郊外にあるショッ
ピングモールに買い物に出掛けた。夜遅くに
食料品を買いにいくことはあっても、それ以
外の用事はない。そんな場所なのだ。

足早に目当ての物を求めてしまうと当初の予
定と目的は簡単に消えてしまう。

いつもの喫茶店に向かう途中、車を役所の駐
車場に止め、高速道路の高架下でスナップ。
時間はまだ昼を少し廻ったところだった。


(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)



b0344060_18521013.jpg


雨の予報は大きく外れ太陽が顔を出している
辺りには誰もおらず、静かな午後だった。


(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)



b0344060_1854830.jpg




(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)
[PR]
by 85-f14 | 2017-06-11 23:31 | Kyoto | Comments(0)
#3 SAYURIの足音 2017.5.21
b0344060_19285852.jpg


行きに気になっていた場所があった。
駐車場にいくのに帰りもここを通る。

やはり同じように気になってしまう。
ボクの心に響く光景はいつも一緒だ。

撮るものはいつも同じ。撮らないも
のもいつも同じ。変わらないのだ。


(α7 /Elmar L 5cm F3.5)


b0344060_19333962.jpg


伏見稲荷にいくと必ず「SAYURI」を
見たくなる。でも今の今まで見たこと
はない。それはいつも行くレンタル店
にないからだ。今日はもうひとつ見た
い映画がある。それを借りにいこうと
思う。


(α7 /Elmar L 5cm F3.5)



b0344060_1936485.jpg





(α7 /Elmar L 5cm F3.5)
[PR]
by 85-f14 | 2017-05-21 22:28 | Kyoto City | Comments(2)
#2 SAYURIの足音 2017.5.21
b0344060_19161558.jpg


結局、四ツ辻というところまで登ったが、
人が多いのと体力が続かず降りてきた。

人をすり抜けて歩いていたら、目の前に
おそろいの今風の着物の女性を見かける。

夏はもうすぐそこまで来ているようだ。


(α7 /Elmar L 5cm F3.5)


b0344060_19221344.jpg


参道にはお墓が多く、歩いていると線香
の匂いが漂い鼻孔をくすぐる。暑さが似
合う情景なのかもしれない。

エルマーが写す絵は、軟調過ぎず、硬く
もなくちょうどいい。


(α7 /Elmar L 5cm F3.5)



b0344060_1928550.jpg





(α7 /Elmar L 5cm F3.5)
[PR]
by 85-f14 | 2017-05-21 22:15 | Kyoto City | Comments(0)
#1 SAYURIの足音 2017.5.21
b0344060_18571245.jpg


何度も目覚ましが鳴って、その度に手さぐり
でそれを探して止めることを繰り返す。そん
な動作の中でも微睡んで短い夢を見る。

足が痛いと思っていたら熱を持っていた。昨
日歩き廻ったからに違いなく、風呂場で足を
冷やして今日は家に居ようかと思ったけど、
結局は車で出掛けることにした。

人が少ないと高をくくっていたが、伏見稲荷
にはどこからそんなに集まったのかというぐ
らいの人だった。



(α7 /Elmar L 5cm F3.5)




b0344060_1910268.jpg


あいかわらず、外国人が多い。

人を避けて本殿脇から裏道を入ると、比較的
に静かでゆったり歩くことができる。鮮やか
な色のシャツを着た女性が鳥居に映える。


(α7 /Elmar L 5cm F3.5)



b0344060_19151318.jpg




(α7 /Elmar L 5cm F3.5)
[PR]
by 85-f14 | 2017-05-21 21:52 | Kyoto City | Comments(0)
#1 理解不能な真鍮フェティシズム 2017.5.10
b0344060_235336.jpg


そろそろ納品されてもいい頃だろうと思っ
ていた矢先にメールをもらい、その翌日に
M2が4カ月ぶりにボクのもとに戻ってきた。

店頭でファインダーの調子をチェックして、
その翌日にルミエールにオーバーホールと
リペイントに出したものだから、ろくに触
っていなかった。なので実質今日が初対面
みたいなもので、なんとも感慨深い。

本当にいい仕事をしていただいた。


コアなライカファンからすると大切な資産
がまた世の中から1つ消えたと怒られそう
だが、生まれ変わったブラックペイントと
ウェザリング加工を施したボディは禁じ手
を使ってでも、所有欲には代えがたい。

いつもの通り、予め用意しておいたジェイ
ツジムラのアクセサリーと利便性を重視し
たラピッドローディングスプールを装着。



(α7 / SUMMICRON-M f2/50mm 4th)
[PR]
by 85-f14 | 2017-05-10 23:26 | Camera equipment | Comments(0)
#3 アルキメデスの熱光線 2017.5.7
b0344060_18245019.jpg


5日間も休むとすっかり仕事に行くことを
忘れてしまっている。そうだ、明日からな
んだと思うが心と身体がついてこない。


そういえば、オーバーホールとリペイント
に出しているM2はどうなったのだろう。
4カ月以上掛かっているが・・・。


(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)


b0344060_18295390.jpg


市場近くにある。島原という花街。

近くを何度も通っているが、今までうまい
具合にかすっていて今日初めて通る。思っ
ていたより小規模で、これならわからない
のも無理はない。外国人が2人訪れていた
ぐらいの忘れられたような場所だった。


(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)



b0344060_18324662.jpg


リハビリは無事終了したみたいで、気がつ
いたら5日間、毎日写真を撮っていた。

1か月近くカメラに触れなかったのに撮り
出すと楽しくて仕方がない。心底嫌いに
なったわけではなかったみたいだ。

早くM2でも写真を撮ってみたい。


(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)
[PR]
by 85-f14 | 2017-05-07 23:23 | Kyoto City | Comments(2)
#2 アルキメデスの熱光線 2017.5.7
b0344060_18183323.jpg


ここを訪れているのは業者の人を除いては
ボクだけだと思う。休日に働く人を横目に
スナップする。夏になったら、もういちど
ここを訪ねたい。フィルムを持ってだ。


(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)



b0344060_18225391.jpg



(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)


b0344060_1823966.jpg

[PR]
by 85-f14 | 2017-05-07 23:17 | Kyoto City | Comments(0)
#1 アルキメデスの熱光線 2017.5.7
b0344060_17581691.jpg


京都のひとつ前の西大路で下車する。

主要駅が2.5km離れているだけだが工場が
立ち並らび、休日は町全体が寂然に包まれ
ている。ボクはここの駅から乗り降りする
機会が多い。距離が丁度良く、琴線に触れ
る被写体が多く存在するからだ。

駅の脇にある立体交差トンネルに入ると、
湿気と排気ガスを帯びた空気に包まれる。

やはり、好きな場所だと感じる。


(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)



b0344060_18134418.jpg


ふらふらと歩きながら、卸売市場があるの
を思いだして足を向ける。久しぶりに訪れ
ると観光客向けだろうか、屋台のようなも
のを造りかけていた。この昔ながらの雰囲
気がいいのに。変化していくことに戸惑い
を感じてしまう。



(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)




b0344060_18174561.jpg



(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)
[PR]
by 85-f14 | 2017-05-07 22:57 | Kyoto City | Comments(0)
#2 Digitality noise 2017.3.12
b0344060_16373149.jpg


陽射しは午後を少し回ったところだけど
トリウムを含んだズミクロンで撮る写真
は朱を纏った、切ない夕色に写る。


(α7 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)


b0344060_16441388.jpg


昔の写真を見直してみると、本当に撮る
ものが変わったと思う。風景をひとつ取
ってみても切り取ってしまうので、どこ
を撮った写真かがわからない。

これが行き着いた結果なのだろう。


(α7 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)




b0344060_16435240.jpg




(α7 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)
[PR]
by 85-f14 | 2017-03-12 22:41 | Osaka | Comments(0)