タグ:RANGEFINDER Film ( 223 ) タグの人気記事
#6 午後の居場所 2016.1.31
b0344060_23484183.jpg


午後からだけど随分と走り回った。一日何を
していたのかわからない。詰めたフィルムを
消化しに来たみたいなものだった。ただ夕方
の空気は少しだけ気持ちを和らげてくれた。


(Leica M-E / Carl Zeiss Distagon T* 35mm F1.4 ZM)


b0344060_23515652.jpg


参拝客は神社より参道のお店がお目当てな様子。
立ち並ぶ店で足を止めてはあれこれ選んでいる。



(Leica M6 / MS-Optical CONTAX Planar T*35mm F2G M)


b0344060_23535321.jpg


帰りの道路沿いにカメラ店があったので現像に
出した。かなりの待ち時間があるのでいつもな
ら迷わず喫茶店だけど今日は駐車場で車を拭い
て過ごした。目的もなくあちこち引きずり廻し
たことのせめてものお詫びのつもりだ。

物には命が宿り大切にすればきっと自分を守っ
てくれると昔誰かが教えてくれたのを思い出す。


(Leica M6 / MS-Optical CONTAX Planar T*35mm F2G M)
[PR]
by 85-f14 | 2016-01-31 23:57 | Osaka | Comments(2)
#5 午後の居場所 2016.1.31
b0344060_234014.jpg


帰り道にまた迷いが生じて真っすぐに家に向
かわず違う方角へと進む。石切神社の看板が
あったので駐車場に車を入れてフィルムを消
化することにした。

参道には開運カレンダーや運勢暦がたくさん
並ぶ。今日の運勢はおそらく迷運だろう。

今年は良い年であればと願う。


(Leica M6 / MS-Optical CONTAX Planar T*35mm F2G M)


b0344060_23444123.jpg


南港でパンをひとつ食べただけだけど珍しく
空腹を感じない。いつもなら迷わず入ると思
うのだけど撮るだけなのだ。


(Leica M6 / MS-Optical CONTAX Planar T*35mm F2G M)


b0344060_23461951.jpg


年が明けてから日が長くなったようで17時
を過ぎようというのにまだまだ明るい。


(Leica M6 / MS-Optical CONTAX Planar T*35mm F2G M)
[PR]
by 85-f14 | 2016-01-31 23:47 | Osaka | Comments(0)
#4 午後の居場所 2016.1.31
b0344060_23303014.jpg


自販機で買った珈琲を飲んで少しスナップ。

晴天の代償は大きな影を落とし込んでいる。
陽気は心とうまくシンクロはしてくれない。


(Leica M6 / MS-Optical CONTAX Planar T*35mm F2G M)


b0344060_2333275.jpg


置き去りにされたようなフェリー乗り場の
ビルを再利用しているようだ。


(Leica M6 / MS-Optical CONTAX Planar T*35mm F2G M)



b0344060_2335555.jpg



帰りのことを考えると渋滞もあるしやっぱり
面倒になる。海の潮風と西日が一層重い気分
にさせてくれるのだ。


(Leica M-E / Carl Zeiss Distagon T* 35mm F1.4 ZM)
[PR]
by 85-f14 | 2016-01-31 23:39 | Osaka City | Comments(0)
#3 午後の居場所 2016.1.31
b0344060_23191023.jpg


今日は同じ場所でのスナップが何故かできな
かった。車を走らせている時間を求めている
のか海に行きたかったのはわからないが南港
に向かった。上を走る高速道路の大きなうね
りが飛行機から出される雲のように見えた。


(Leica M6 / MS-Optical CONTAX Planar T*35mm F2G M)


b0344060_23234824.jpg


気が付いたら朝から珈琲しか飲んでいない。

喫茶店に入るのも面倒なのでコンビニを探す
が港町にはそんな便利なものは存在しない。

一方通行ばかりでやっとの思いで見つけても
なかなか辿りつけずに諦めてまた違うコンビ
ニを探すことを繰り返す。今日は本当に心こ
こにあらずの迷いの一日だった。


(Leica M6 / MS-Optical CONTAX Planar T*35mm F2G M)



b0344060_23272560.jpg


気が付けばもう16時前。弁天町まで来てしま
い帰るのも面倒。フィルムもたくさん残って
いる。そんな現実から逃げたくなる。


(Leica M6 / MS-Optical CONTAX Planar T*35mm F2G M)
[PR]
by 85-f14 | 2016-01-31 23:29 | Osaka City | Comments(0)
#2 午後の居場所 2016.1.31
b0344060_2352693.jpg


堺市には取り残されたような商店街や路地が
多くみられる。湿気を帯びたこの場所は深海
に横たわっているような静けさを纏っていた。


(Leica M6 / MS-Optical CONTAX Planar T*35mm F2G M)



b0344060_2395920.jpg


商店街の間に阪堺電車の線路が通っている。

踏切の音と電車のゴトゴトという振動が反響
して懐かしい記憶が甦ってくるようだ。


(Leica M-E / Carl Zeiss Distagon T* 35mm F1.4 ZM)



b0344060_23134647.jpg


フィルムカメラのM6とF3は月1回ずつぐらい
使用している。どちらが良くてどちらが悪いと
いうわけではなく万遍なく使ってあげたいと思
っている。留守番ばかりでは可哀想だからね。


(Leica M6 / MS-Optical CONTAX Planar T*35mm F2G M)
[PR]
by 85-f14 | 2016-01-31 23:18 | Osaka | Comments(0)
#1 午後の居場所 2016.1.31
b0344060_22543568.jpg


最近は午後から出掛けることが多くなった。

午前中に目覚めても迷いが生じるのかすぐに
家を出ることができないようだ。今日もどこ
にいくわけでもなく車を走らせた。気が付い
たら高速に乗り適当に降りてしまう。でも下
町の匂いがする場所へ自然に足が向いている。

天気が良く春のような気候の一日だった。


(Leica M6 / MS-Optical CONTAX Planar T*35mm F2G M)



b0344060_2321566.jpg


車で来ても歩かないと意味がない。これがい
つもと同じスタイルだ。


(Leica M-E / Carl Zeiss Distagon T* 35mm F1.4 ZM)



b0344060_2315516.jpg


歩いて大和川を渡る。川から吹く風が温かい。
鉄橋を渡る電車の音が風に乗ってやってくる。



(Leica M6 / MS-Optical CONTAX Planar T*35mm F2G M)
[PR]
by 85-f14 | 2016-01-31 23:04 | Osaka | Comments(0)
#3 マエストロの勝算 2016.1.2
b0344060_18343413.jpg


街は若者だけでなくボクにも十分すぎるほど
刺激的だ。物だけでなく通り過ぎる人をみて
様々な想像を駆り立ててくれるからだ。

人は刃にも花にもなれる生き物だ。


(Leica M6 / SUMMICRON M F=5㎝ 1:2 1st rigid)
(Lomography Color Negative 100 )



b0344060_1838219.jpg


地下鉄を京都駅のひとつ手前で降り少し歩く。
ぶらぶらとする時間が無くてはなんだかつま
らない。スナップが目的かなのか散歩が目的
かよくわからなくなるがそれでもいいのだ。



(Leica M6 / SUMMICRON M F=5㎝ 1:2 1st rigid)
(Lomography Color Negative 100 )



b0344060_1840593.jpg


明日で休暇が終わる。そんな人は多いのでは
ないだろうか。京都駅も旅行帰りの人で混雑
していた。皆一様に疲れた顔をしているのは
気のせいだろうか。


(Leica M6 / SUMMICRON M F=5㎝ 1:2 1st rigid)
(Lomography Color Negative 100 )
[PR]
by 85-f14 | 2016-01-02 22:53 | Kyoto City | Comments(0)
#2 マエストロの勝算 2016.1.2
b0344060_18222268.jpg


ライカでしか撮れない写真があると誰かが言
ったがボクはそうは思わない。ライカでは撮
れない写真も多いからだ。だが便利さと機能
性とエクスチェンジして得たものは大きい。

目の前の真実と真摯に向き合えること。

ボクにとっては意味深く確かなものなのだ。



(Leica M6 / SUMMICRON M F=5㎝ 1:2 1st rigid)
(Lomography Color Negative 100 )



b0344060_18274781.jpg


数えたことはないのでよく覚えていないが数
十回に一度「あの人なに撮っているだろう」
とか「なにかあるのか」などと後ろから聞こえ
てくる。たしかに言いたくなる気持ちはわかる。



(Leica M6 / SUMMICRON M F=5㎝ 1:2 1st rigid)
(Lomography Color Negative 100 )


b0344060_18312646.jpg


ファインダーを覗いたすぐ横に若いレディー
が自転車を止めようといた。彼女は邪魔にな
ったと思ったのか親切に自転車を持って構図
から外れてくれた。本当はそのままでよかっ
たんだけどその親切さが嬉しくもあり少し心
残りでもある。


(Leica M6 / SUMMICRON M F=5㎝ 1:2 1st rigid)
(Lomography Color Negative 100 )

[PR]
by 85-f14 | 2016-01-02 22:41 | Kyoto City | Comments(0)
#1 マエストロの勝算 2016.1.2
b0344060_18111393.jpg


いつも感じることだが降り注ぐは場所によっ
て違いがあるように思える。特に東に行くに
つれその傾向が強く眩しさを伴う。

京都の街はベールに包まれた光に覆われてい
た。目前で注がれる光はフィルムを通すこと
で可視光線へと昇華されていくようだ。


(Leica M6 / SUMMICRON M F=5㎝ 1:2 1st rigid)
(Lomography Color Negative 100 )



b0344060_18154776.jpg


光を操るのか操られるのかどちらだろう。





(Leica M6 / SUMMICRON M F=5㎝ 1:2 1st rigid)
(Lomography Color Negative 100 )



b0344060_18161485.jpg


大好きな寺町通のこの場所を横構図でファイ
ンダーを覗く普通のことなんだろうが慣れて
いなボクには妙な背徳感を覚えてしまう。


(Leica M6 / SUMMICRON M F=5㎝ 1:2 1st rigid)
(Lomography Color Negative 100 )


b0344060_1818742.jpg


正月の二日目ともなると初詣はそこそこに皆
バーゲンセールへと出掛けるようで大きな袋
を下げて歩いている。ボクも右へ倣えで店に
入ってしまうのがそれが正常な心理のだろう。


(Leica M6 / SUMMICRON M F=5㎝ 1:2 1st rigid)
(Lomography Color Negative 100 )

[PR]
by 85-f14 | 2016-01-02 22:25 | Kyoto City | Comments(0)
#5 ケミカルウォッシュ理論 2015.11.07
b0344060_225310100.jpg


親子三人おやつの時間。ドーナツをとても
おいしそうに食べていた。ボクも甘いもの
が食べたくなる誘惑にかられた。


(Leica M6 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible Model)
(Lomography Color Negative 400 )



b0344060_22544940.jpg


この界隈を浮草のようにゆらゆら動き回る
ことを何度も繰り返している。カメラや靴
電化製品、洋服など見ていて飽きることは
ない。ミクスチャー文化の集合体がここに
は存在する。


(Leica M6 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible Model)
(Lomography Color Negative 400 )


b0344060_2258071.jpg


予定より少し早い時間の新幹線で東京を立
った。フィルム現像が出発ぎりぎりの時間
で上がり急いでホームに向かった。曇り空
になってきた東京は一番東京らしいと思う。

また来週仕事で訪れなければならない。


(Leica M6 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible Model)
(Lomography Color Negative 400 )
[PR]
by 85-f14 | 2015-11-08 00:48 | Tokyo | Comments(0)