#4 虚蝉の残渣 2015.8.28
b0344060_2357814.jpg


どの場所を訪れても好きな場所は存在する。
にし茶屋街に抜ける道の途中にあるところで
行き止まりになっている場所。去年ここを見つ
けた。今年も少しずつ季節が変わっていくなか
で蝉が残り少ない夏を惜しむように鳴いていた。

去年のボクから見て今のボクはどう写っている
のだろうか。少しずつ溜まった想いを濾過する
かのように過ごしてきたと思うが客観的に判断
できないようである。


(Nikon F3 HP/ Ai Nikkor 50mm F1.4S)
(FUJICOLOR 100)



b0344060_05253.jpg


写真を撮っているのを見て観光客が何かある
のですか?と声をかけてきた。その答えに困っ
てしまった。ボクには何かあるがたぶん声を掛
けていた人には何もないと思うからだ。


(Nikon F3 HP/ Ai Nikkor 50mm F1.4S)
(FUJICOLOR 100)



b0344060_075291.jpg


住み慣れた場所以外に住みたいとは思わない
がこの街には住みたいと思わす何かがある。
でも寒いのだけが唯一の住めない理由なのだ。


(Nikon F3 HP/ Ai Nikkor 50mm F1.4S)
(FUJICOLOR 100)
[PR]
by 85-f14 | 2015-08-29 00:09 | Ishikawa | Comments(0)
<< #5 虚蝉の残渣 2015.8.28 #3 虚蝉の残渣 2015.8.28 >>