カテゴリ:Oita( 16 )
#7 薄い記憶を辿る 2018.10.20
b0344060_159521.jpg


大分で少し買い物とフィルムを現像に出す。
良く晴れた休日は開放的な気持ちにさせて
くれる。小さい頃に訪れた大分県は結局薄
い記憶のままで断片的に思い出すのは地獄
めぐりの鬼の姿や硫黄の匂いだ。

まだ休暇は2日残っているので、もう一泊
するか迷ったけど、いいところで切り上げ
るほうが良い気がして電車に乗り込み旅を
終える。疲れた身体は帰りの電車で眠りを
誘い、記憶は遠いものへなっていく。


(Leica M2 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)
(FUJICOLOR 100)




b0344060_265632.jpg




(Leica M2 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)
(FUJICOLOR 100)



b0344060_27893.jpg





(Leica M2 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)
(FUJICOLOR 100)
[PR]
by 85-f14 | 2018-10-21 02:07 | Oita | Comments(0)
#6 薄い記憶を辿る 2018.10.20
b0344060_1561138.jpg


別府タワーには到着した日に上ったが写真を
撮るのを忘れていたので、もう一度立ち寄る。

別府の古き良き町に似合う場所だ。


(Leica M2 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)
(FUJICOLOR 100)


b0344060_1583859.jpg




(Leica M2 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)
(FUJICOLOR 100)



b0344060_159374.jpg




(Leica M2 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)
(FUJICOLOR 100)
[PR]
by 85-f14 | 2018-10-21 01:59 | Oita | Comments(0)
#5 薄い記憶を辿る 2018.10.20
b0344060_1511894.jpg


路線バスに乗る旅ものんびりしていて心穏
やかになれる。学生やお年寄りが停留所に
寄る度、乗車と下車を繰り返していく。

振動とエンジンの音が眠りを誘う。


Leica Q(Typ116)



b0344060_1552469.jpg




Leica Q(Typ116)



b0344060_1553522.jpg




Leica Q(Typ116)
[PR]
by 85-f14 | 2018-10-21 01:55 | Oita | Comments(0)
#4 薄い記憶を辿る 2018.10.20
b0344060_148718.jpg


地獄めぐりはまだまだ続く。

蒼や茶色の池に這い上がるように上がる湯気。
見続けると少々食傷気味になるが、写真を目
的にしなければ、観光気分で楽しいかも。


Leica Q(Typ116)



b0344060_1482586.jpg




Leica Q(Typ116)



b0344060_1503165.jpg




Leica Q(Typ116)
[PR]
by 85-f14 | 2018-10-21 01:50 | Oita | Comments(0)
#3 薄い記憶を辿る 2018.10.20
b0344060_144834.jpg


湯気と歩いたせいか温度が高い気がする。

ゆで卵や地熱でゆでた野菜をいたるところ
で目にする。とても熱そうだ。


Leica Q(Typ116)



b0344060_1471171.jpg



Leica Q(Typ116)



b0344060_1472212.jpg




Leica Q(Typ116)
[PR]
by 85-f14 | 2018-10-21 01:47 | Oita | Comments(0)
#2 薄い記憶を辿る 2018.10.20
b0344060_135436.jpg


坊主地獄、なんとも恐ろしい名前だ。

空いた直後に入れてもらい今日初めての客に
なった。泥が湧き出てくる感じて一番地獄の
イメージに近い感じだ。その昔、突然吹き出
した泥に寺の住職が飲み込まれてしまったと
説明に書いてあり、ただただ怖い。

共通チケットが一枚余り、よくよく調べると
鬼石坊主地獄というのもあったようだ。どう
りでここはチケットが使えませんと書いてあ
る訳だ。なんともネーミングがややこしい。



(Leica M2 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)
(FUJICOLOR 100)



b0344060_1431259.jpg




(Leica M2 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)
(FUJICOLOR 100)



b0344060_1432630.jpg




(Leica M2 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)
(FUJICOLOR 100)
[PR]
by 85-f14 | 2018-10-21 01:43 | Oita | Comments(0)
#1 薄い記憶を辿る 2018.10.20
b0344060_131371.jpg


駅までホテルの人に送ってもらい、そこから
路線バスで山を上がる。いたるところでもう
もうと湯気が上がり、温泉地であることを改
めて感じる。8:30、空気はとても冷たい。


(Leica M2 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)
(FUJICOLOR 100)



b0344060_1344431.jpg



(Leica M2 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)
(FUJICOLOR 100)



b0344060_134559.jpg




(Leica M2 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)
(FUJICOLOR 100)
[PR]
by 85-f14 | 2018-10-21 01:35 | Oita | Comments(0)
#4 灯台が見える海 2018.10.19
b0344060_1273366.jpg


日が傾きかけ夕方になると途端に風が強まり
肌寒くなってくる。釣り人に邪魔にならない
ように突堤にある灯台をスナップ。

鳴くような風が旅情を演出してくれる。


(Leica M2 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)
(FUJICOLOR 100)



b0344060_1294634.jpg





(Leica M2 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)
(FUJICOLOR 100)



b0344060_1295554.jpg




(Leica M2 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)
(FUJICOLOR 100)



b0344060_130492.jpg




(Leica M2 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)
(FUJICOLOR 100)
[PR]
by 85-f14 | 2018-10-21 01:30 | Oita | Comments(0)
#3 灯台が見える海 2018.10.19
b0344060_1215530.jpg


ホテルのおじさんに別府地獄めぐりのことを
聞くと、血の池と竜巻地獄は少し離れている
からレンタカーがあるなら、2つだけ先に見
て廻るといいと教えられ、灯台のあとに忠告
どおり訪れた。小さな頃に連れてこられた記
憶が微かにある程度の場所だ。

赤く染まる池にゴーストが掛かりまさに地獄
のような様相だ。


(Leica M2 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)
(FUJICOLOR 100)



b0344060_1263495.jpg




(Leica M2 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)
(FUJICOLOR 100)



b0344060_1264492.jpg




(Leica M2 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)
(FUJICOLOR 100)
[PR]
by 85-f14 | 2018-10-21 01:26 | Oita | Comments(0)
#2 灯台が見える海 2018.10.19
b0344060_1181657.jpg


遥か遠くに四国の佐田岬の灯台が見えた。
しばらく眺めていると運よくタンカーが
視界に飛び込み、シャッターを落とす。

いい眺めだ。


(Leica M2 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)
(FUJICOLOR 100)



b0344060_1205111.jpg




(Leica M2 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)
(FUJICOLOR 100)



b0344060_121310.jpg




(Leica M2 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)
(FUJICOLOR 100)
[PR]
by 85-f14 | 2018-10-21 01:21 | Oita | Comments(0)