カテゴリ:Kyoto( 109 )
#2 忘れていくための罪悪感 2018.5.6
b0344060_16191610.jpg


休みの始まりがあれば終わりも必ず来る。
それでも明日のことを考えると憂鬱になる。

今日の夜は皆同じことを考えているだろう。

それでも明日はやってきて、そして終わる。


(Leica TL2 / SUMMICRON-T f2/23 mm ASPH. )



b0344060_16224663.jpg




(Leica TL2 / SUMMICRON-T f2/23 mm ASPH. )




b0344060_16225814.jpg




(Leica TL2 / SUMMICRON-T f2/23 mm ASPH. )
[PR]
by 85-f14 | 2018-05-06 22:35 | Kyoto | Comments(0)
#1 忘れていくための罪悪感 2018.5.6
b0344060_164319.jpg


一か月以上も訪れていなかった、隣駅にある
喫茶店へ出向く。この季節から肌寒くなるま
での間はテラス席に座っていることが多い。

休日の改札口からから吐き出される大勢の人
はもちろん、スーツではなく山に向かう恰好
の人が多い。そんな姿を見ながら長い休みの
過ごし方と行き先を考えていたのを思い出す。

(Leica TL2 / SUMMICRON-T f2/23 mm ASPH. )



b0344060_16175357.jpg





(Leica TL2 / SUMMICRON-T f2/23 mm ASPH. )



b0344060_1618255.jpg




(Leica TL2 / SUMMICRON-T f2/23 mm ASPH. )
[PR]
by 85-f14 | 2018-05-06 22:23 | Kyoto | Comments(0)
#2 緩慢さの進路 2018.2.18
b0344060_13232734.jpg


しばらく訪れていない間に古ぼけたビルが
眩しいばかりの白色に塗り替えられていた。


知らない間に時間は緩慢に過ぎていく。


(Leica M (Typ 240) / Summicron 50mm/f2 2nd)




b0344060_13254015.jpg





(Leica M (Typ 240) / Summicron 50mm/f2 2nd)





b0344060_1325493.jpg




(Leica M (Typ 240) / Summicron 50mm/f2 2nd)
[PR]
by 85-f14 | 2018-02-18 22:23 | Kyoto | Comments(0)
#1 緩慢さの進路 2018.2.18
b0344060_13165173.jpg


風邪を引いて体調を崩していたので出掛け
ても写真を撮ることはなかった。暖かな車
の中からはカメラを出すことも忘れてしま
うからなのかもしれない。

喫茶店で時間を潰した後、久しぶりにシャ
ッターを切る。気が付けばもう2月だった。


(Leica M (Typ 240) / Summicron 50mm/f2 2nd)




b0344060_1322183.jpg




(Leica M (Typ 240) / Summicron 50mm/f2 2nd)



b0344060_13222944.jpg





(Leica M (Typ 240) / Summicron 50mm/f2 2nd)
[PR]
by 85-f14 | 2018-02-18 22:15 | Kyoto | Comments(0)
#2 明日の斜傾 2018.1.1
b0344060_19534873.jpg


元旦の朝はいつもスロースタート。

町がいつも以上に静まり返り、窓から見え
る目の前の道路には人も歩いていない。

なにをするわけではないが、午前中は家で
ボクも静かに過ごしていた。陽の傾き始め
フィルムを詰めて家を出る。

いつもの場所はいつも以上に斜傾気味にな
っていく光が綺麗だった。


(Leica M2 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)
(FUJICOLOR 100)




b0344060_1959558.jpg




(Leica M2 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)
(FUJICOLOR 100)




b0344060_19591656.jpg





(Leica M2 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)
(FUJICOLOR 100)
[PR]
by 85-f14 | 2018-01-02 19:59 | Kyoto | Comments(0)
#1 明日の斜傾 2018.1.1

b0344060_19441547.jpg


2018年はどんな年になるだろうか。

数年前から三が日に限らず、神社を訪れても
向拝所で拝むということは、まったくなかっ
たけど心境の変化だろう、他の参拝客に交じ
り静かに鈴を鳴らした。

今年も写真は続けていこう。


(Leica M2 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)
(FUJICOLOR 100)



b0344060_19523591.jpg




(Leica M2 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)
(FUJICOLOR 100)




b0344060_1952445.jpg




(Leica M2 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)
(FUJICOLOR 100)
[PR]
by 85-f14 | 2018-01-02 19:53 | Kyoto | Comments(0)
#2 移民の歌が聞こえない 2017.9.21
b0344060_1916840.jpg


何度読んだかわからなくなる程、開いてきた
「九月の四分の一」という小説。表紙は無残
にもボロボロになりテープで補修してある。

彼の書く本はどれも似たような状態になって
いる。読むほどに言葉の深さと表現の虜にな
り将棋の小説以外は全部目を通している。

目の前に広がる光と影とボクに纏う空気が、
また読みたくなる気持ちにさせてくれた。

それと旅行にも行きたくなった。



(α7 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)



b0344060_19322914.jpg





(α7 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)




b0344060_1932567.jpg





(α7 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)
[PR]
by 85-f14 | 2017-09-21 19:33 | Kyoto | Comments(2)
#1 移民の歌が聞こえる 2017.9.21
b0344060_18573580.jpg


そういえば夏の休暇を取っていない。

代わりに仕事の予定が入っていない今日、
急遽休みを取ったけど、最近の忙しさも
あってか行先も思いつかないので本を持
って結局いつもの喫茶店に逃げ込んだ。

写真を撮る意欲もどこかに忘れてしまっ
たのか、最近は持ち歩いていないことを
後悔し気持ちを取り戻すため持ち出す。



(α7 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)



b0344060_19135021.jpg





(α7 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)




b0344060_1914416.jpg




(α7 / Summicron L F=5㎝ 1:2 1st collapsible) (Radioactive)
[PR]
by 85-f14 | 2017-09-21 19:14 | Kyoto | Comments(0)
#3 破壊光線がみえた5時 2017.9.3
b0344060_19463342.jpg


人は目の前にある物を認識すると同時に脳内
で様々なものをイメージする生き物だ。

ボクはこれを何とイメージするのだろう。

そして写真を撮っているボクをみて、通りす
がりの人は何をイメージするのだろうか?


(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)



b0344060_1951299.jpg


ファインダーを覗くと激しい光線が目の前の
視界を一瞬奪ってしまう。今日は開放でフレ
アの出たぼやけた景色ばかりを撮っていた。



(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)



b0344060_19535914.jpg




(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)
[PR]
by 85-f14 | 2017-09-03 22:49 | Kyoto | Comments(0)
#2 破壊光線がみえた5時 2017.9.3
b0344060_19415268.jpg


開放で撮ると何とも言えないトーンを生み
出してくれる。飾り気がなく彩度と周辺光
量がストンと落ちる癖玉のロシアレンズ。

季節が夏から初秋へ向かう風が気持ちいい。


(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)



b0344060_1945303.jpg




(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)



b0344060_19454768.jpg




(α7 / JUPITER 3 50mm F1.5 L)
[PR]
by 85-f14 | 2017-09-03 22:38 | Kyoto | Comments(0)